2004年 12月 26日 ( 1 )
砂被りシートはすごい
新規参入の東北楽天イーグルスが、早くもおもしろいことをやり始めましたね。
ホーム宮城球場の年間シートを、楽天のホームページでオークションで販売しているのです。

その年間シートが非常にユニークなもので、さすが楽天と思ってしまいます。

「砂被りシート」なるものがあるのです。
オークションのページでは、
「バックネット裏のさらに前に新しく作られたお席です。お席はグランドを掘った形で設置されており、今までにない臨場感で試合をお楽しみいただけます。」
と説明されています。

どうやら、バックネット裏最前列よりもっと前にある、地面を掘り下げ、頭だけ出して観戦するシートのようです。
これってすごいですよね。
今まで見たことがないような、格別の臨場感を味わえることでしょう。
ここで見てみたいと思いませんか?

既存の球団では、絶対に考えもしなかったようなアイデア、さすがに若い人中心の企業、楽天です。
おそらく「おもしろそうだから、やってしまえ~!」という乗りだけで、こんな変わったシートを作ってしまう企業、私は好きですね。

1円で出品されたこのシート、12/26の14:50現在、なんと1,401,000 円で入札があります。
商売うまいですよね。
年間シートの売上に加えて、宣伝効果も抜群ですからね。

もうひとつ魅力的なのは、「フィールドシート」。
よく大リーグの中継で見た、あの3塁ベースのすぐ脇に張り出して設置されているシートのようです。
プレーする側からすれば、絶対に邪魔なシートですよね。
ファールフライも、まともに取れなくなるわけですから。
でも、お客からすれば、とても魅力的なシートなわけです。

ここにも楽天の意気込みみたいなものを、感じることができます。
いかに観客を楽しませるのか。
その視点を忘れずに今後もいろいろなことを考えていけば、きっといい球団になっていくことでしょう。

おそらく福岡ソフトバンク・ホークスも、様々なことをやってくると思います。
こうなってくると、既存の球団もおちおちしていられませんよ。

きのうのニュース見たのですが、ヤクルト球団は来期から、神宮球場来場者へポイントカードを発行する計画があるそうです。
ポイントが溜まるとグッズやチケットがもらえるというもの。
これって野球界からすれば、斬新な企画なのかもしれません。
でも一般社会からすると、今さら?今までやってなかったの?という気持ちの方が強いですね。

新規球団が刺激となって、野球界が変わっていく。
そんな流れになるといいですね。
[PR]
by bcure | 2004-12-26 14:52 | スポーツ