2004年 07月 13日 ( 1 )
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
7日に「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見てきたことを書くのを忘れていました。

見に行ったのは、いつもと同じ平和島シネマサンシャイン。
夜7時からの回に行ったのですが、相変わらずガラガラ。
いつもゆったりと見させてもらっています。

いや~、あっと言う間の2時間22分でした。
おもしろかったです。

監督がこの作品から代わったそうで、うまく表現できまませんが、前2作に比べて映画が「締まった」という感じがしました。
主人公たちが、ずいぶんと大きく成長したというのも原因のひとつかもしれません。
お子ちゃま向きから脱皮した、そんな思いがしました。

吸魂鬼ディメンターなんて、お子にはちょっと怖すぎるキャラクターでしょう。

詳しく書くのは控えますが、バック・トー・ザ・フューチャーもどきの「タイム・パラドックス」の部分はもおもしろいですよ。
最初見た時は、ちょっとわからないところもありました。しかし、最後の謎解きの場面では「なるほど、そういうことだったのか」とひとりうなずいた次第です。

全部で7部作の3作目。
あと4作も楽しめると思うと、うれしくなってしまいます。

次作も主人公たちは代わらないようですね。
でも早く撮っておかないと、完全に大人っぽくなってしまいますよ。

その後配役が代わった時が、問題です。
あの3人のイメージが強過ぎますから、代わった俳優さんたちも大変でしょう。
[PR]
by bcure | 2004-07-13 16:45 | 映画