<   2006年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
禁煙、プリ~ズ!
ワールドカップ、いよいよ今日からベスト4をかけての激戦が始まりますね。
最初は「ドイツ」vs「アルゼンチン」
ひぇ~、すごい試合になりそうです。

さて今日はタバコの話題を。

サラリーマン時代はまわりの喫煙者のお陰で(?)、少しはタバコに慣らされていたのかもしれません。
この仕事を始めて約3年半、タバコとは無縁の生活になったので、以前にましてタバコの煙が耐えられなくなりました。

公共施設では禁煙は当たり前になりましたし、レストランなどでも禁煙席を使えば不快な思いをしないですみます。

一番困るのは歩きタバコ。

外を歩いている時に一番気になるのは、他人の手先です。
タバコを持っていないか、常に気をつかって歩くようになりました。

タバコを持っている人を発見すると、息を止めて足早にその人から逃げる。
そんな毎日です。

ニュースで
「7月1日からの1本当たり1円のたばこ税増税を機に、喫煙者の3人に1人が禁煙を考えていることが、製薬会社ファイザーが30日までにまとめたアンケートで分かった」と報じています。

いいですね~~。
どんどん増税してください。

日本禁煙学会でも、「増税は喫煙率低下に極めて有効。国民の健康福祉にとって効果と見返りの大きい優れた施策だ」と指摘。さらに大幅な増税を求める声明を財務相や厚生労働相に送ったそうです。

いっそのこと、一箱1,000円ぐらいにしちゃっえば、喫煙者はかなり減るでしょう。

健康に悪いことは、はっきりとわかっているのですから、この際タバコやめませんか!
[PR]
by bcure | 2006-06-30 11:05 | ニュース
コーンスターチ
コーンスターチとは、コーンつまりとうもろこしから作られる澱粉=スターチのことで、 一般的な利用法としては家庭の調理用やビスケット、チューインガム等の菓子原料、アイスクリームの成形材料などがあります。

そのコーンスターチ、水に浸し、指などで押してみると不思議な動きをするのです。
どんな動きかというと、人間の筋膜(筋肉や骨、腱を覆っている膜状のもの)を手技によって緩めた時と同じ動きなんです。

きのうの定休日、コーンスターチを使って筋膜が緩む感覚を体験する「ボディワーク講習会」へ行ってきました。

いや~、おもしろかったです!

コーンスターチの中に手を突っ込んで少しの間は硬いのですが、ある瞬間突然にフニャ~と柔らかくなってしまいます。
この瞬間が、人間の筋膜がリリースされた感じと同じなんですね。

まあ、実際のからだでは、ここまで劇的な変化は少ないと思いますが、コーンスターチでこの瞬間を体験できたことで、よりリリース感がわかりました。

それにしても、誰が最初にコーンスターチが人間の筋膜に似ているなんてことを思いついたのでしょうね。
[PR]
by bcure | 2006-06-29 17:15 | その他いろいろ
ボディワーク入門講座、終了
1月から毎週月曜日の夜に行っていたボディワーク入門講座ですが、きのうで最後になりました。

講師の小川さんサイトウさん、大変お世話になりました。
生徒のみなさま、楽しい時間を過ごさせていただきました。

まだまだ学ぶことはたくさんありますが、2期受けたことでボディワークの基礎が一応学べたと思います。

人間は重力の影響を大きく受けながら、実に不安定な恰好で立っていること。
そして多くの人が、重力との葛藤でバランスを崩していること。
それでも立っていられるのは、筋膜をはじめとする軟部組織のサポートがあること。
この筋膜をはじめとする軟部組織にうまく働きかけることで、からだはバランスをとりもどし、重力とうまく調和して楽に生きていけること。

などなど・・・・・・。

本当に勉強になりました。

この講座で学んだことを実際の仕事に活かしていこうと思います。
[PR]
by bcure | 2006-06-27 15:49 | その他いろいろ
ストイコビッチの入閣が有力???
きのうの夜のドイツvsスウェーデン、今日の朝のアルゼンチンvsメキシコ。
どちらも少しだけ見ましたが、いや~、迫力ありますね。
負けたらそこで終わりというトーナメントならではの緊張感、その中での素晴らしいプレーの連続。

まさにワールドカップです。

さて、きのう書いたオシムさんの監督情報、本当でしたね。
予選敗退で落ち込んでいた日本代表に、明るい光が差し込んできたような気がします。

さらに今日のスポーツ新聞には「ストイコビッチ氏の入閣が有力」なんて記事が載っていました。
今回こそ、まゆつば的な記事ですが、もしこれが本当になったとしたら、なんと素晴らしいことでしょう。

どちらも日本サッカーを知り尽くし、さらに世界をも知り尽くす男。
情熱もあり理論もある。

これは楽しみになってきました~~!
[PR]
by bcure | 2006-06-25 11:19 | サッカー
オシムさん、決定的らしい
ヒデだけでなく、俊輔も泣いていたようです。
体調不良で動けない自分に悔しかったと思います。

さて、日本代表の新監督に千葉の監督であるオシムさんが決定的と、スポーツ新聞が書いています。
(スポーツ新聞ですので、まだ話半分ですが)

いいですね。
監督経験豊富、監督での実績あり、日本サッカーを良く知っている、理論家。

90年W杯イタリア大会で旧ユーゴスラビアを8強に導き、オーストリアのシュトルム・グラーツでは欧州チャンピオンズリーグに3度出場。03年からは千葉(当時は市原)を率いて、残留争いの常連を1年目から優勝争いができるチームに変えた。「考えながら走るサッカー」を浸透させ、昨年はナビスコ杯で優勝。日本代表のFW巻やMF阿部選手らを育ててきた。-スポニチより

4年後に向けて、希望がわいてきました。

しかし、厳しい現実も待ちかまえています。

韓国の1次リーグでの敗退が決まり、今大会アジアのチームはすべて決勝トーナメントに進むことができませんでした。
その結果として、次回のワールドカップ予選のアジア枠削減は必至のようです。
さらには次回からオーストラリアもアジアに組み込まれるため、日本の予選突破は相当難しいものになるはずです。

そういった意味でも、オシムさんの手腕に大いに期待しましょう。

さて決勝トーナメント。

・ドイツ-スウェーデン
・イングランド-エクアドル
・アルゼンチン-メキシコ
・ポルトガル-オランダ
・ブラジル-ガーナ
・イタリア-オーストラリア
・スイス-ウクライナ
・スペイン-フランス

いずれも強豪。
日本がこの中にいないことは本当に残念ですが、どの試合もおもしろくなりそうですね。

決勝は、ブラジルvsアルゼンチンか・・・??
[PR]
by bcure | 2006-06-24 13:12 | サッカー
4年後へ向けて
ヒデがあんなになるとは思いませんでした。
自分の感情をみなの前にさらけ出す行為を、一番嫌う男だと思っていました。
彼のこの大会にかける思い、あんなに大きかったのですね。

この大会、ジーコの采配や選手起用などいろいろと問題がありましたが、俊輔の体調不良も大きなマイナス要因だったと思います。

日本の攻撃の核となる選手。
と言うか、俊輔がいるからこそ、世界と戦えるレベルにあった日本代表。

きのうのブラジル戦でもまったく仕事をしてませんでしたし、顔面蒼白で、見ていても痛々しいほどでした。
俊輔ファンの私でさせ、何で先発なの?と思ったほどです。

ワールドカップには強い思いを持っていただろう俊輔、さぞ悔しかったことでしょう。
彼が絶好調なら、結果も違ったものになっていたかもしれません。
もう終わったことですが、その点が非常に残念です。

さて、これですべて終わりました。

次の新監督のもと、4年後に向けた新たな日本代表のスタートです。

オーストラリアはヒディンク監督のもと、ベスト16に進みましたね。
代表チームにおける監督の重要さを、あらためて痛感させられたできごとです。

監督選びは慎重に。

そして4年後の南アフリカ。試合前日に、小学生がやるようなシュート練習をやらなくて済むようなチームになっていることを切に願っています。
[PR]
by bcure | 2006-06-23 11:16 | サッカー
午後3時キックオフ
続々と決勝トーナメンへ進出する国が決まってますね。
今回はどのグループも順当な結果。
ということは、わがグループFも順当に終わるのか??(ブラジルとクロアチア)

先日の日経新聞で、作家の沢木耕太郎さんがこんなことを書いています。

(ちなみに沢木さんは私の高校の先輩、名作「深夜特急」は全巻読みました。サッカーに関する著作も多い)

沢木さんは、午後3時キックオフの試合を2回行った結果、日本は国民の楽しみは得たが逆に大事なものを失ってしまった可能性があると書いています。

オーストラリア戦もクロアチア戦も両日猛暑で、観客席にいても吹き出た汗が乾くとTシャツに白い塩が付着したのだそうです。

そんな3時キックオフの試合を2試合連続でしたのは、日本、トーゴ、セルビア・モンテネグロのたった3チームだったこと。
そして、日本以外の2チームはすでに決勝リーグへの進出が絶たれていること。

クロアチア戦での日本は、後半の動きがオーストラリア戦の時よりさらに悪かった。
それは第1戦の消耗から本当は回復してなかったのではないか、日本の武器である俊敏性を、酷暑が奪ってしまった、とも書いています。

結局のところ、日本のテレビ局からの要請を日本サッカー協会がFIFAに依頼し(憶測ですが)3時キックオフの試合が2試合でき、それを私たちがテレビで楽しんだ結果が、2連敗につながった可能性があると。

ジーコが負けた後にした抗議は負け犬の遠吠えに聞こえましたが、沢木さんのような立場の人が書いた文章には妙に説得力があります。

日本代表のためには、私たちはもっと厳しい状況で応援する必要があったのかもしれません。
オーストラリア戦、日本時間1:00~、クロアチア戦4:00~、なんて具合に・・・・。

「10時キックオフが2試合もある」、超ラッキー~~!!
なんて思っては、いけなかったのですね。
[PR]
by bcure | 2006-06-22 11:48 | サッカー
ちょっとブレイク
毎日本気モードのサッカーの試合が楽しめるワールドカップ、やはりいいもんです。

連日ワールドカップの話題でしたが、今日はちょっと休憩。

少し前、店のすぐ近くの牛丼屋さん(あえて店の名誉のため店名は伏せますが)で食事をしていた時のことでした。

ちょうどお昼時で店はほぼ満席の状態。
店員さんたちもかなり忙しく働いていました。

私がカウンターで注文した牛丼を食べていると、向かいのカウンターに座っていた男がサッと席を立ちました。
店員さん(女性、パートの主婦か?)がそれを見て、「伝票をお持ちください」とその席に残された伝票をレジまで持って行くように促しました。
するとその男「さっき払った」と行って、店から出て行ったのです。

残された店員さん、その伝票を片手に持ち、ボ~と立っていました。

少しして他の店員さんが「どうしたの?」と立ちすくんでいる店員さんに聞くと、その店員さんは「食い逃げかもしれない」と蚊の泣くような小さな声で言ったのです。

そりゃ食い逃げでしょ。
だって、この店、後払いの店なんですもの。

店員さん、とっさにことで混乱してしまったのでしょうね。

それにしても食い逃げ男。
実に堂々と店から出ていきましたよ。
小走りになることもなく、普通に。
大胆不敵な犯行ですね。

わが人生、食い逃げ初目撃談でありました。
[PR]
by bcure | 2006-06-20 18:04 | その他いろいろ
望みはつながったが・・・
中田が試合終了後、ピッチに大の字になって倒れ込んでいましたね。
あんな光景、はじめて見た気がします。

それほど過酷なコンディションの中での試合だったということでしょう。

中田も最後には信じられないようなミスキックを連発してましたからね。

俊輔は39度近い熱があったということです。
足の爪も半分ないとか。
彼なりに精一杯動いていたのでしょう。

お互い、バテバテ。

そんな状況では、最後は個の力で勝つしかありません。
悲しいのは個の力で決められる選手がいないということ。

高原しかり、柳沢しかり・・・。
2人でシュートがわずか2本だとか。

特に後半の柳沢のアウトサイドで打った“へなちょこ”シュート
あのボールをアウトサイドで打ってしまうことは、FWとして致命的なことだと思います。
本能的にインサイドで打たなきゃ。

たぶん、小学生のちょっとうまい選手でも、あの場面なら決められていた、そんなシーンでした。

なまじドイツ戦でいいプレーをした2人だったので、ちょっと期待した部分がありましたが、本番2戦を見てやっぱりダメだったか、と思うほかありません。

話は変わって、稲本、出ましたね。
やっと、といった感じ。待ってました。
プレーもよかったじゃないですか。
オーストラリア戦の後半も出しておけば、状況が変わっていたはずです。

さて、ブラジル戦、最低でも2点差以上つけて勝たなければいけない状況。
まあ、普通に考えれば、そんなことできっこないわけです。

でも奇跡が起きないとも言えません。
ドルトムントの奇跡。

FWはぜひ巻と大黒でお願いします。

あとはジーコのブラジルつながりと、最後までハラハラさせてくれるサッカーの女神に頼って!
[PR]
by bcure | 2006-06-19 13:11 | サッカー
あと5時間
あと5時間後、決戦が開始されます。

オーストラリア戦の前は、ワクワクドキドキしていましたが、今日はそういった高揚感はなく、わりと冷静な気分でいられます。
浮き足だってもいられない状況ですからね。

勝つことを信じていますが、万が一負けた時、この4年間っていったい何だったのだろうか?と思うに違いありません。

日本のサッカーって、結局全然進歩してなかったじゃないか。
逆に後退したのかもしれない。

そんなことを思うでしょう。

ジーコさん、若手を使ってこなかったですから、そのツケがこの後の4年間にまわってきそうです。

と、悲観的なコメントはここまでにして、明日の朝、さあ次はブラジル戦だ~!まだ楽しみがある!という気持で目覚められることを心から願っています。
[PR]
by bcure | 2006-06-18 17:11 | サッカー