<   2004年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
toto売上不振
今日のニュースで「totoの売り上げは昨季より約47億円減の155億7744万6000円で過去最低となった。全国販売が始まった01年シーズンの604億円(過去最高)に比べると、4分の1近くまで落ち込んだ」という記事がありました。

売れていないとは聞いていましたが、過去最高に比べて4分に1近くになっていたのですね。

かく言う私も、totoが始まってから2年間位は、ほぼ毎回購入していました。
買い損なったのは、おそらく2年間で2~3回程度だったと思います。

好きなサッカーの勝ち負けを予想して、その上当たればすごい金額ですから、最初はかなり入れ込みましたね。
毎週試合が近付いてくると、各チームのけが人は?、出場停止選手は?などのデータを、熱心に調べていました。

しかし、サッカーの予想は難しいですよね。
何が起こるかわからないのがサッカー。
まあ、それがサッカーのおもしろいところなのですが、絶対に負けるわけがない相手に負けたり、その逆だったりと、ほんと当たらなかったですね。

totoは13試合の結果をすべて当てるわけですから、当たる確率はなんと約160万分の1。
当たる方が奇跡といった確率です。
結局当たったのは、3等や配当金が非常に低い時の2等だけでした。

途中から穴狙いになり、自分で予想するのはまずは大丈夫だろうと思う1~2試合だけ。
残りの試合はコンピューターにランダムに投票させる方法になってしまいました。
この方法だと、当初の「サッカーの勝敗を予想する」楽しみがまったくないですよね。
そんなわけで、徐々にtotoを買わなくなり、現在はまったく買っていません。

この売上不振に対し、totoを運営する日本スポーツ振興センターは、当選確率が243通りとなる5試合まで対象試合数を減らすなど、当選確率が上がる新くじの導入を検討しているということです。
しかし、当選確率が上がるだけで、totoの売上は伸びるのでしょうか?

totoを販売している店まで行くこと、これがけっこう面倒です
コンビニで発売し始めたとはいえ、買えるところはそれほど多くありません。
せめてインターネットで購入できれば、いいのですが。

サッカーだけでなく、他のスポーツの振興のためにも、totoにはがんばってほしいと思います。
そのためにも、もっと買いやすい、より楽しめる方法を考えてください。
[PR]
by bcure | 2004-11-30 11:50 | サッカー
柏か~!
今日のJリーグ最終戦で、柏が年間の最下位に決まり、J1-J2の入れ替え戦に出場することになりました。

残念、柏!

今日の試合、柏は勝てば文句なしにJ1残留だったのに、大分に2-2の引き分け。
さらに柏と最下位を争っていたセレッソ大阪が新潟を2-1で破ったため、無情にも柏の最下位が決まってしまったのです。

一時はけっこう強いチームでしたよ。あれはいつ頃だったですかね。
明神選手が代表でバリバリやっていたころ、黄(ファン・ソンホン)・柳(ユ・サンチョル)・洪(ホン・ミョンボ)といった韓国代表の選手たちがいて、北嶋選手も日本代表だった時期でしょうか。

かつては、カレカ(元ブラジル代表)やストイチコフ(元ブルガリア代表)、サンパイオ(元ブラジル代表)といった超大物選手も在籍していましたね。

そんな柏が入れ替え戦出場ですから、何だかさみしいです。
でもJ2の3位チーム、福岡に勝てばJ1残留なわけですから、ここは東京近郊のチームということで、応援しちゃいましょう。

そして、からくも最下位を逃れたセレッソ。
今日2得点したのは、大久保選手です。
自らのゴールでJ1残留を決めたわけですから、いい感じでスペインへ移籍できるのではないでしょうか。
スペインリーグでの1点を早く見たいです。

がむしゃらにゴールへ向かう気持ちを忘れずに・・・・・
[PR]
by bcure | 2004-11-28 18:27 | サッカー
トルシエさんと「るるぶ大田区」
まずはトルシエさんの話題から。

きのうのニュースで、あのトルシエさんが神戸の監督になることが確実と報じられていました。
何かと話題を提供してくれる人ですし、もちろん監督としての手腕もある人なので、来期の神戸はおもしろくなりそうだな~と思っていました。

しかし一夜明けてみると、フランス1部リーグの強豪マルセイユの新監督に就任することがほぼ決定のように伝えられています。
いったいどうなっているのでしょう。
神戸はかなりいい条件を用意していたらしいです。
それでもやはり、母国の名門チームの監督の魅力には勝てなかったということですかね。
もし神戸に決まったら、お馴染みの通訳ダバディさんとのコンビも復活か、と思っていたので、ちょっと残念です。

話はまったく変わって「るるぶ大田区」の話です。
「るるぶ」シリーズは旅行に行くときなど、現地の情報を得るのために何度か買ったことがあります。
最近は地域限定の「るるぶ」が出版されていて、東京23区のものもいくつか発売されています。
そしていよいよ、大田区版が少し前に発売されました。

どれどれ、どんなもんだろうと、生まれも育ちも大森の私は、興味津々で本屋さんで立ち読みをいたしました。(900円だったかな、けっこう高い!)
そして笑ってしまいました。
家の近所の、なんてことない、本当に普通の酒屋さんや中華屋さん、ケーキ屋さんなどが載っているではありませんか。
おいおい、こんな店を紹介してどうなのよ、というのが正直な感想です。
(もちろん、紹介に値する店も載ってますよ)

さらにその写真を見てびっくり!
店内が実に広く写っているのです。
こんな広い店じゃない~~!
さすがプロのカメラマンはうまいですね。広角レンズを使うと、広くて立派な店に見える写真が撮れるようです。

これからは、「るるぶ」要注意です。
ページを埋めるため(そう思えます)、紹介するほどでもない店を掲載していることが、この「るるぶ大田区」でわかってしまいました。
今度旅行に「るるぶ」を持っていって時には、気をつけて店を選ばなければいけません。
[PR]
by bcure | 2004-11-26 11:31 | その他いろいろ
ハウルの動く城
「ハウルの動く城」が公開されましたね。
さっそく観て来た娘に感想を聞いたら、「よくわからなかった」「前売りで1,300円で行ったからまだいいけど、1,800円出していたら・・・・?」というものでした。

Yahooムービーでも、不評の書き込みが多く見られます。

これといった盛り上がる場面がない、ストリーも難しくて何を言いたいのかわからない、主役の2人に魅力がないので感情移入できない、ラストがこじつけ、倍賞千恵子が18歳の声をやるのは無理がある、後半が急ぎすぎてわかりづらい、などといった意見が多いですね。
長年のジブリファンの人たちでさえ、この映画には失望しているようです。

先週の週刊文春に『宮崎駿「ハウルの動く城」映画記者が書けないホンネ』という記事が出ていました。
それによると、試写会が終わると、映画記者たちは、東邦の宣伝部員に「さすが宮崎さんですよね」「面白かったですよ」などと感想を言った後に、一様に憮然としたそうです。
なぜお世辞まで言うかというと、宮崎作品に対して批判的なことを言ったり、記事を書いたら、スタジオジブリやキムタクのいるジャニーズまで敵に回すことになり、雑誌が廃刊になりかねないからとのことです。

実際、公開前には批判的な声はほとんど聞こえてこなかったのですね。
どこも“長い物には巻かれろ”的な考えなのでしょう。
まあ、会社のことを思えばそれも仕方がないことなのかしれませんが。

ニュースによると『公開2日間で日本映画としては史上最高となる動員約110万人、興行収入約14億8000万円を記録し、2日目までの記録としては、宮崎監督の前作「千と千尋の神隠し」から約4割増。日本映画で歴代1位だった「踊る大捜査線 THE MOVIE2/レインボーブリッジを封鎖せよ!」も上回った』ということです。

みんな期待して行ったのでしょうね。
娘の話では、この映画の上映中に、隣の子どもが母親に向かって「ね~、早く帰ろうよ」と何度も言っていたとか。

私はおそらく観ないと思います。
[PR]
by bcure | 2004-11-23 11:06 | 映画
浦和優勝!
Jリーグセカンドステージで、浦和レッズが優勝しましたね。
浦和はJリーグができてから初優勝です。

きのう浦和の街は、さぞ盛り上がったことでしょう。
先日用事で浦和へ行った時、駅前にあるコンビニのような小さな店に、レッズのレプリカユニフォーム(正式なユニフォームではなくTシャツだったですけど)や携帯ストラップやキーフォルダーといった小物類を売っているのを発見し、「さすが浦和だ~」と感激したことを思い出しました。

自分の街に、応援できるスポーツクラブがあるのって、実にうらやましいですね。
東京は広すぎて、FC東京や東京ベルディは遠くの街のクラブという感じで、今イチ真剣に応援する気が起きません。
大田区にFC大田なんてクラブがあったなら、例えそれがJFLの所属だとしても、熱心に応援してしまいます。
まして浦和はJ1での優勝ですから、浦和界隈の人たちの喜びの大きさは想像できます。
それにしても浦和、一度J2に落ちそこから這い上がってきての優勝ですから、大したもんです。

今季はブッフバルト監督の攻撃的サッカーが成果を出しました。
近年守備を重視するチームが多い中、見ていて楽しいのはやはり攻撃的なチームです。
その核となるのは、なんと言ってもエメルソン選手ですね。
得点ランキングでも2位の大黒選手(G大阪)に4得点の差を付けて1位ですから、今年の得点王はまず間違いないでしょう。

いい選手ですよね。
ヨーロッパのビッグクラブからのオファーも多いと聞いてますが、浦和が好きという理由で、どうやら移籍はしないようです。
そんな選手がいる浦和、強いはずですよね。

この後、ファーストステージの優勝チーム、横浜マリノスとチャンピオンシリーズで年間王者を賭けて戦います。
勢いは完全に浦和でしょう。
横浜は故障者も多いようですから、浦和有利とみます。
しかし相手の監督はもはや名将と言ってもいい岡ちゃんなので、横浜も決して侮れません。

そのチャンピオンシップは12月5日と11日、楽しみです。
[PR]
by bcure | 2004-11-21 11:55 | サッカー
最近のお気に入り
日産自動車のキューブが気に入っています。

キューブ

このデザイン、好き嫌いが別れると思いますが、私は好きですね。
オモチャっぽいところが何とも言えません。
昔からスポーツカーのような流線型スタイルよりも、四角張った形の車が好きでした。
それと精悍な恐いイメージの車はどうもダメですね。

今の車の次に乗れたらいいなと考えています。
ただ、家人はキューブを嫌っているようなので、どうなることやらです。

auからまたおもしいデザインの携帯が出ました。

talby

世界的なプロダクトデザイナーMarc Newsonとauとのコラボレションで誕生した製品だそうです。
(Marc Newsonという人、残念ながら知りませんでした)
以前のお気に入りinfobarよりも、いいです。
これもキューブ同様オモチャっぽいデザインで、気に入っています。
持っていて楽しくなるような携帯ですね。

それにしてもau、斬新なデザインの製品を次々と出してきますね。
au派の私にとっては、うれしいことです。
今の携帯はまだまだ使えるので、これがダメになった時、どんな製品が出ているか楽しみです。

電化製品などでも、最近いいデザインのものが増えてきていますね。
企業も消費者も、デザインについて意識が高くなってきた証拠でしょう。
商品はデザインで買う、そんな人が増えてきたのではないでしょうか。
[PR]
by bcure | 2004-11-20 12:09 | その他いろいろ
シンガポール戦・・・・・
きのう行われたシンガポール戦、1-0で勝利でしたね。
勝って当然の試合で順当に勝ちましたが、まったくおもしろくない試合でした。
おー、と沸くような場面はほんと少なかったですよ。

まるでこの試合で、ワールドカップの決勝リーグ進出が決まるかのような試合でしたね。
相手は明らかに格下、日本はすでに決勝リーグ進出を決めている、そんな試合だからこそ、もっと自由奔放に、遊び心を持ってやってほしかったと思います。
個人のテクニックも当然日本が上なのですから、もっと観客を楽しませてくれなきゃいけません。

しかしサブのメンバーたちに、そこまで望むのは無理なのでしょうか。
みんなガチガチになっていたようです。
遊び心のあるプレーが無理ならば、せめてがむしゃらなプレーは見せてもらいたかったですね。
前半途中から、動きも少なくなり、ゴールへ向かう気迫あるプレーも少なくなってしまいました。
足もとにもらうパスばかりで、あれでは点は取れません。

交代も期待の大久保の他は、鈴木選手と三都主選手のレギュラー組。
結局は彼らに頼らなければならない展開になってしまったのです。

こんな試合を見せられると、ジーコ監督がヨーロッパ組にこだわる理由も納得できてしまいます。
彼らと国内組との差は、私たちが思っていた以上にあったということですね。
日本サッカーの底上げができてきたと思っていたのは、幻だったのでしょうか。

司令塔として期待された小笠原選手。
過去に何度も期待を裏切ってきましたが、きのうもやはり同じ結果でした。
三浦選手も、冴えませんでしたね。
(何度も書きますが、加地選手、何で代表なんでしょう?)

きのうでワールドカップアジア最終予選に残った国がすべて決まりました。
日本の他に、イラン、ウズベキスタン、クウェート、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)、バーレーン、韓国、サウジアラビア。
シードで韓国とは同じブロックには入らないようですが、しかし、どこもそれなりに強そうです。

あとは最終予選に向けて、ヨーロッパ組にケガ人がでないように祈るばかりです。
[PR]
by bcure | 2004-11-18 11:37 | サッカー
ヨーロッパそして国内
きのう行われたレッジーナvsローマ戦は1-0でレッジーナが勝ちましたね。
ローマは今季調子が悪いとはいえ、強豪チームには変わりはありません。
レッジーナは先日のユベントスにも勝っているし、チームの状態はいいようです。

わが俊輔くんも好プレー続出だったらしいですね。
最近は全力疾走でプレーをするようですし、守備にも貢献していとか。
その上、ボールを持ったら素晴らしいプレーをするわけですから、当然チームメイトからの信頼は厚くなってボールが彼に集まる、そしてさらにいいプレーをする、といった好循環が今の彼の好調さの原因でしょう。

あと10番に求められているのは、もちろんゴールですよ。
ぜひゴールを決めてほしいですね。

反対に中田選手の調子がなかなか戻ってこないようです。
一時期はなかなかいいプレーをしてましたが、きのうの試合でもパスミスを連発してサポーターからブーイングを浴びたそうで、とても心配です。
いくら何でも、もう試合カンや仲間との連携が云々と言っている時ではないでしょう。
中田選手の力自体が落ちているのか、どうなのか・・・・・。
完全復活を望みます。

そして高原選手。
きのうの試合で、7試合ぶりに今季3得点目をあげました。
彼も絶好調の時に比べたら、だいぶ調子を落としている口です。
ドイツへ行く前あたりの彼に、早く戻ってほしいですね。
あの頃は、2006年のワールドカップのFWは彼に決まり!と思ってましたが、今はそうとも言えませんからね。

あとは稲本選手。
きのうもベンチ入りできなかったようです。
リザーブリーグではある程度結果を出しているようなんですが、やはりプレミアとなると簡単ではないのでしょう。
彼の場合、骨折からの復帰ですから一番の問題はフィジカルだと思います。
監督からは「天性の能力を持った選手」と評価されているので、焦らずコンディションを上げていってください。

国内に目を戻すと、天皇杯でJ1の7チームがすでに敗退してしまいましたね。
実に嘆かわしい!!
J2やJFLにコロコロと負けてしまって、J1のレベル低下が心配です。
J1なんだから横綱相撲で勝ってもらわないと、寂しいですよ。

いよいよ17日は、ワールドカップアジア1次予選のシンガポール戦があります。
今まで控えだった選手たちがどんなプレーを見せるのか、とても楽しみな試合です。
個人的には大久保選手に期待ですね。
この試合で代表初ゴールをあげて、スペイン移籍への弾みをつける。
セレッソが天皇杯で負けているだけに、そのうっぷんをここ晴らしてください。
[PR]
by bcure | 2004-11-15 11:51 | サッカー
48時間時限DVD発売と映画のお話
新聞にも出ていたので、もうご存じの方も多いと思いますが、「48時間時限のDVD」が発売されるということです。

なにやらスパイ大作戦の「このテープは自動的に消滅する」という音と共に、リーダーのフェルプス氏の目の前で、シュワーと白い煙をはいて消滅してしまうテープのような感じですね。

しかし時限DVDは煙をはくようなことはなく、DVDの盤面に塗られている特殊な薬品が、パッケージを開けて空気に触れると黒くなったり、形が変わるなど変質が始まるのだそうです。
そして約48時間後にはデータが読み取れなくなるという仕組みです。

このDVD、昨年8月にはディズニーが返却の手間を省けるというメリットから、レンタル市場で試験的に導入してたそうですが、まったく知りませんでした。

今回は今年のクリスマス映画「ノエル」に導入され、劇場公開とほぼ同時に発売されます。
値段は1枚4・99ドル(約525円)、ネットで手に入るそうです。
48時間限定ですから、これだけ安いのでしょうね。
確かに映画館に行く手間や料金を考えれば、安くて案外需要があるかもしれません。

でも、映画館にとっては脅威でしょう。
現在のように、劇場公開が終了してからDVDのレンタルが開始されたり販売されるのではなく、公開とほぼ同時に発売されるわけですからね。

しかし、やはり映画は非日常を楽しむもの。
家のテレビではなく、真っ暗な空間、大きなスクリーン、大音量で見た方が楽しいに決まっています。
このDVD、私は買わないでしょう。

12月4日に待ちに待った「Mr.インクレディブル」が公開になります。
楽しみ~!

その前に「ポーラー・エクスプレス」が始まりますが、これはどうなんでしょう。
監督がロバート・ゼメキス、そして声優がトム・ハンクス、悪い映画ではないと思うのですが、絵が漫画チックなのが気になります。
評判を聞いてから見るか見ないか決めましょう。

同じトム・ハンクスでも、1月に公開されるスピルバーグ監督の「ターミナル」の方がおもしろそうです。
東ヨーロッパからニューヨークのJFK空港に着いた主人公(トム・ハンクス)。
運悪く祖国がクーデターで消滅し、パスポートも無効、当然、アメリカ入国もダメ。
そんな訳で、JFK空港に住むことになってしまうという、哀れな男の映画です。
とてもおもしろそうな話ですよね。

「ハウルの動く城」はどうしましょうか。
宮崎作品は大好きなんですが、これは悩むところです。
この監督、素晴らしい作品が多い中で、たまに駄作?と思う物も混じっています。
これも評判を聞いてからですかね。
(作品以前に、声・木村拓哉が、どうも納得できないでいます)
[PR]
by bcure | 2004-11-14 15:53 | 映画
前世?
時々、自分の前世を考えてしまうことがあります。

前世はイタリア人だったかもしれません。
イタリアン好き、特にトマトソースが非常にに好きなのです。
パスタをオーダーする時は、常にトマトソース系のもの。
家でたまに料理をする時の得意料理は、チキンのトマトソース煮。

サッカーが好きなのも、おそらくそのためでしょう。
サッカーを見るとイタリア人の血が騒ぐからかもしれません。
前世はきっとイタリア人だったと思います。

イタリア人でなかったら、私の前世は熊でしょう。
何しろ、メープル・シロップに目がないのです。
甘い物は全般的に好きですが、その中でもメープル・シロップは別格。
カロリーを気にしなくてOKならば、毎朝トーストにあふれるほどかけて食べていることでしょう。
メープル・シロップっておいしくないですか?
ハーゲンダッツの「メープルウォールナッツ」アイスクリーム、これも最高です。

現在はやはりカロリーを気にしてあまり食べなくなりましたが、ソーセージは大好物でした。
イタリア人、熊でないとしたら、ドイツ人だったかもしれません。

4日ぶりの更新なのに、今日は非常にくだらない話しでしたね、お許しください。
[PR]
by bcure | 2004-11-12 15:30 | その他いろいろ