<   2004年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ディズニーシー
この前の定休日、ディズニーシーへ行ってきました。
なんでディズニーシーへ行ったかというと、タダのチケットがあったからです。

以前息子が美容院に行った時、商店街のくじ引きでディズニーリゾートの入場チケットを2枚当ててきたのです。
そのチケットをもらい、家人と一緒に行ったという次第です。

ランドにするかシーにするか迷いました。
私はどちらも行ったがなかったので、どちらでもよかったのですが、家人はランドは何回か行っていたため、シーに決まりました。
(ランドにも行ったことがない私は、いま時珍しい存在なのでしょうかね)

その日(27日)は曇りでとても寒い日でした。
さらには平日ということもあってか、かなりすいていましたね。
どのアトラクションもほとんど待ち時間はなしという状態。
待っても10分といったところです。

行く前に、こどもたちからシーはつまらないよと聞かされていましたが、実際に行ってみると、こどもたちの言った意味がよ~くわかりました。

アトラクションは子どもだましみたいなのが多かったですね。
これが天下のディズニーなの?と思っていまいました。
CGがこれだけ発達した今、われわれはゲームや映画でものすごい疑似体験を経験しているわけですよね。
そんなわれわらが、あの程度のアトラクションでは到底満足するわけがありません。

そう言った意味では、テーマパークはとても難しい時代なのかもしれませんね。
だからゲームや映画では味合うことのできない、絶叫マシン系のものがメインになってしまうのでしょう。

そんなディズニーシーですが、中の風景や建物などは良かったですよ。
薄気味悪い山(時々噴火していた、かなりの迫力)を中心にいろいろなテーマの街があって、ブラブラと散歩するにはとてもいい所です。
もっと暖かい日だったら(非常に寒かった!)、より楽しめたと思います。

そして、最もよかったのは「ミスティック・リズム」といショウ。
これはほんと楽しめましたね。
ジャングルを模した舞台で、サルやワニ、精霊や兵士(?)などに扮した出演者たちが、音楽に合わせて踊ったり飛んだり跳ねたり、天井から下げられたロープにぶら下がって飛び回ったりする、素晴らしいショウです。
あの「ライオンキング」の超小型版と言ったところでしょうか。
若い出演者たちが、一生懸命にやっていました。

そして、すごいのがこのショウは生演奏をバックに行われること。
舞台の両側に矢倉のようなものが組まれていて、バンドの人はそこの登って演奏してました。
やはり生の迫力というか、ライブ感というか、テープでやられるのとはまったく違いますからね。

このショウは絶対におすすめ。
ただ上映時間が30分弱と短いのがちょっと残念ではありますが、出演者たちのハードな演技を見ていると、30分が限度かな~とも思えてきます。

夜8時ごろから始まる花火のショウがいいと聞いていたので当初は見るつもりでしたが、寒さと疲れで夕方早々と帰路についてしまいました。
見たかった!

<写真>
すいていたにもかかわらず、ミッキーやミニー、ドナルドダックなどの人気者との撮影は難しかったので、そばにいたお手軽なキャラクターと記念写真。
このリス(?)誰なのしょう・・・・。
a0028232_1618136.jpg

[PR]
by bcure | 2004-10-30 16:27 | お出かけ
再び松坂大輔
きのう松坂選手のことを書きましたが、どうやら1日早かったようです。

以前から噂のあった日本テレビの柴田倫世アナウンサーと今オフに結婚することを発表しました。
きのうは松坂選手の顔を“幼い”などと書いてすみません。
幼い顔でも立派に結婚できるのです。
それも5歳も年上の女性とですから、柴田アナの母性本能をくすぐったのでしょうか。

野球選手に限らず、スポーツ選手は早く結婚した方が良いとよく言われています。
食事などの健康管理がうまくいくからでしょう。

それにしても、野球選手って年上女房が多いようですね。
東尾さん、落合監督、イチロー選手などなど、ほんとたくさんいます。
朝のテレビで誰かが言ってましたが、それまで野球一本でやってきた選手がプロに入って、一番最初に接触するのがテレビの取材で球場を訪れるキャスターの女性。
当然年齢は年上ということになるので、年上と付き合うチャンスが多くなるということらしいです。

松坂選手もこれで落ち着いて野球に打ち込めますね。
来期もがんばってください。
そして、ゆくゆくは大リーガーへ行くはずです。
松坂vs松井、今から楽しみです。

追記:
島田紳助さんの涙の会見を見ました。
なんだか、自分の好感度を上げようというのが見え見えのものでした。
終わった後で、舌をペロッと出していたことでしょう。
あの業界、今度の事件のようなことは日常茶飯事に行われているようですから、「何で俺がこんな目に合わされなければいけないの?」と心の中では思っているはずです。
[PR]
by bcure | 2004-10-29 10:48 | スポーツ
松坂大輔
新潟ではきのうも大きな余震があり、あらたに家屋の崩壊など被害が出たようです。

行方不明だった親子3人の方たちは、残念ながらお母さんと長女は亡くなってしまいました。
しかし長男は奇跡的に生きていましたね。
あのような過酷な状況でも生きていたと・・・・人間が持っている運や生命力など、いろいろと考えさせられました。

今日発売の週刊文春の「大輔の真っ向勝負!」というコラム(と言うか松坂選手が話したことをジャーナリストの方が文章にしたページ)を読んで、大ちゃんは偉いと叫んでしまいましたよ。

西武が日本シリーズに優勝したのが25日(火)。
新潟で大地震が起こったのは23日(土)。
25日のテレビは、被災地の悲惨な状況を刻々と映し出していました。

そんな中、西武は優勝。
私は、この状況では恒例のビールかけはできないだろうなと思っていました。
ところが翌日のニュースで、ビールかけの様子が流れたのです。
やっぱりやったのか・・・・と何だか暗い気分になったことを覚えています。

ところが、今日「大輔の真っ向勝負!」を読んでみると、松坂選手はお祝いに水を差さないように乾杯だけして、そっと部屋に戻ってしまったそうです。
「地震の被災地のことを考えると、晴れ晴れとした気持ちにはなれない」というのがその理由です。
こういった行動をとったのが、はたして松坂選手だけなのか、他にも何人かいたのかはわかりません。
しかし、多くの選手がビールかけではしゃいでいる瞬間に、そのような行動をとった大ちゃんに大きな拍手を送りたいと思います。

それにしても松坂選手、君はどうして顔がまだ幼いままなんでしょう。
普通ならば、もう少し締まった男の顔になってくると思うんですけどね。
[PR]
by bcure | 2004-10-28 21:01 | スポーツ
ユニクロさん、偉いです。
きのうのブログで、地震の被災者の方へ企業が物資を提供してほしいと書きました。

今日のニュースで出ていましたよ。
あのユニクロさんが、衣料4万4千着(約1億円相当)を長野県へ寄贈しそうです。
内容はと言うと、コート、フリース各1万着、子供向け下着4千着。
現地は相当に冷え込んでいるらしいので、フリースなんか最高に喜ばれるでしょう。

さすがユニクロさんです。
(私のところでも、施術着でいつもお世話になっています)
最近はデザインのセンスもよくなってきて、業績も盛り返してきたそうですね。
それにしても、1億円相当というのはすごいです。

TBSと文化放送が、災害やライフラインの情報などを入手できるように、携帯ラジオを被災地に送ったというニュースもありました。
うれしいですね。
でも、送ったラジオはTBSが100台で、文化放送は50台っていうのは、ちょっと少なすぎるのではないでしょうか。
この際奮発して、1万台位送ってくださいよ。

あとがんばってほしい企業は、イワタニさんですね。
暖かい料理が食べられるよに、カセットコンロをど~んと送ってくれるといいのですが。

それと紀文さん。
お湯で暖めるだけで食べられる「おでんセット」なんか最高でしょう。
喜ばれること請け合いですよ。

かく言う私も、これから募金をしたいと思います。
赤い羽根共同募金のサイトで、募金先の口座がわかりました。
さっそくインターネットから振り込むことにいたします。

きのうのニュースで、田中真紀子さんが現地入りした模様が紹介されていました。
私財を投げ打って支援物資を持って行ってほしいと、きのうのブログで書きましたが、残念ながら手ぶらでした。
女を上げる絶好のチャンスだったのにね。

とにかく、各企業のみなさん、がんばって支援をお願いいたします。
[PR]
by bcure | 2004-10-26 18:07 | ニュース
地震、救援活動
今日の朝も東京でも揺れるほどの余震がありましたね。
余震って、本震より絶対小さいものと決まっていれば、それほど恐くもないのでしょうが、実際はどの位大きくなるのか予想がつかないので、とてもに恐いものだと思います。
それに加え、夜寝られない、寒い、避難所生活、食べるものがない、など精神的、肉体的なストレスは極限に達していることでしょう。

物資は相当不足しているようですね。
食料品はもちろん、寒さをしのぐ毛布類から紙おむつや粉ミルクまで、ありとあらゆる物が足りない状況です。

にもかかわらず、行政からの物資の支給はまったく間に合っていないというニュースが流れています。
こういう時こそ、民間の力が必要でしょう。

もしメーカーなどの企業が被災者を支援する際には、売名行為や宣伝活動は大いにやってもらってけっこうですよ。
「サッポロ一番」とか「パンパース」とかの商品名をデカデカと書いたトラックを何台も連ねて、被災地をまわり被災者の方々に商品を配ってまわることも大歓迎です。
企業の好感度もアップしますし、メディアにも取り上げられるはずでしょうから、宣伝効果もバッチリです。

あの田中真紀子さんも地元なんですから、ここはど~んと私財を投げ打って、物資を寄付してもらいたいですね。
もちろん寄付する物資には「真紀子シール」を貼ってくださってOKです。
支持率が跳ね上がることは確実ですよ、真紀子さん。

とにかく、苦しんでいる被災者のみなさんを早く助けてあげることが先決です。
[PR]
by bcure | 2004-10-25 14:09 | ニュース
地震、恐いです
いやー、大きな被害が出てしまいましたね。

きのうのその時間、東京ではゆらゆらとした横揺れを感じました。
過去の経験から、このような揺れ方は東京の近くで起きた地震ではなく、どこか遠くで起きた大きな地震のケースが多いのです。
案の定、新潟で震度6強の地震が起きていました。

現在、死者が16人、負傷者は800人以上と発表されています。
地震はやはり恐いですね。

こうなると地震予知だけが、われわれの頼りです。
しかし、政府の地震調査委員会は今月13日、この断層帯が今後30年以内動いた場合にM8・0程度の地震が起きる確率は2%以下と発表したばかりだったそうです。

ただ、気象庁によると、今回の震源はこれまで知られている断層帯の位置からは東に離れていて、この断層帯には含まれていなかった未知の活断層が動いた可能性が高いということ。
地震予知はまだまだ難しいようです。

つい最近、アメリカのカリフォルニアでかなりの確率で地震を予知できているというニュースがありました。
正確には覚えていないのですが、どうやら日本が今まで行ってきた方法とは違う観点から予知するということです。

一方、動物の地震予知能力に期待する研究者もいるようです。
きのうはどうだったのでしょう。
ナマズが暴れたり、犬が吠えたりしたのでしょうか。

また、地震雲で予知が可能という人もいます。
果たして今回は雲が発生していたのでしょうか。

どんな方法でもいいですから、正確な地震予知が早急に実現することを望みます。

東京にも、いつ大きな地震が来てもおかしくありません。
そのための準備は、きちんとしておく必要があります。
(と言いつつ、大した準備もしてません)

余談ですが、こういう災害の時いつも思うことがあります。
きのうも総理官邸の映像で、災害時用(と思われる)ジャンバーを着た人たちが映っていました。
これからこの地震の対策会議だったようです。
災害地に行く時ならばわかりますが、総理官邸の中であれを着る意味が今イチよくわかりません。
やる気を見せているのでしょうか・・・・。
[PR]
by bcure | 2004-10-24 11:42 | ニュース
かわいそうなB型男
私の血液型はB型です。
最近このB型、あまりよく言われていませんね。
テレビのバラエティなんかでもよくやり玉にあがって、B型人間としてはちょっと不愉快に思っていました。

ところが日本はまだ“まし”なようです。
おとなり韓国では、B型男は女性から徹底的に嫌われている、という記事を見つけました。

B型男は、浮気性で女性を無視し、王子様病(わがまま、自分勝手、自分が最高と思っ
ている病気のこと)で、性格破綻者というのが嫌われている理由なんだそうです。
(性格破綻者とは、ちとひど過ぎじゃあないですかね)

こうした情報はネット検索で上位を占め、また韓国で大流行の個人のミニホームページやブログなどを通じて広まっていて、今では合コンでB型男は不人気なばかりか恋愛の対象外なんだそうです。
(韓国のB型男、かわいそう!)

それに加えて、先月は有名歌手が「B型男」というタイトルの曲を発表したかと思えば、さらには某バラエティ仕立ての教養番組で「B型男」の性格がやはりよくないことを裏付けるような形でオンエアするなど、B型男へダメージを与え続けているそうです。

また、「愛しにくい、別れるのはもっともっと大変なB型男と恋愛する方法」という本も出版され、さらには「B型のボーイフレンド」というタイトルの映画もクランクインしたのです。

いや~、たたみ掛けてB型を攻めてきますね。
参りました。

しかしB型だっていろいろな性格の人がいるし、ほかの血液型だっていい奴もいれば悪い奴もいるわけだから、B型=ダメ男という図式はやめましょうよ。
芸術家やスポーツ選手にも、B型ってとても多いですからね。
感性豊かなB型なんです。

追記:
前述の「B型男」という曲の中に「カッとしてすぐ怒るくせにすぐ反省する。敏感すぎて寝不足がちでプライドだけは高い」という歌詞があるのですが、これって私のことかと思ってしまいました。
やっぱりB型はダメなのでしょうか・・・・。
[PR]
by bcure | 2004-10-22 16:53 | ニュース
スウィングガールズ
きのうの台風、東京では思ったほど大したことがなかったですね。
しかし、またまた大きな被害が出てしまいました。
今年の台風の中では最大の被害だったようです。
こういったニュースを聞くと、あらためて自然の恐ろしさを感じてしまいます。
山や川のそばにお住いの方は、台風が来た時大丈夫だろうと思っても、とりあえずは避難をすることが大切なのではないでしょうか。

きのうの定休日、雨だから映画にでも行こうと思い、いつも行く平和島シネマサンシャインや川崎のチネチッタの上映映画を調べましたが、今イチ見たいものがなく、どうしたものかと悩んでいました。
そんな中、前から見たいと思っていた「スウィングガールズ」が地元のキネカ大森でやっていることがわかり、観て参りました。

キネカ大森は以前よく利用していたのですが、平和島にシネコンができてからはご無沙汰でした。
ここはほんとに小さなシネコンです。
久しぶりに行って、あらためてその狭さに驚いたほどです。
「スウィングガールズ」が上映されていた所は、学校の教室ぐらいの広さでしょうか。

大雨の中、さすがに観客は少なく私たちを入れて8人。
逆に言うと、よく8人も来たなという感じです。

「スウィングガールズ」おもしろかったですよ。
知っている方も多いと思いますが、まったく楽器を触ったこともない女子高生たちが、ひょんなことからジャズのビッグバンドをやることになり、最後は大成功!というお話です。

巷では「ウォーターボーイズ」の2番煎じなどと言われているようですね。
でも2番煎じでもおもしろいものはおもしろいのです。

演奏は吹き替えを使わず、すべて彼女たち自身がやったものなので、だんだんと楽器が上手くなっていく過程がよ~くわかります。
最後はみんなほんとうまくなりました。
特に、トロンボーン、トランペットの子はうまかった~。

ジャズ好き、ビッグバンド好きの私には、演奏される数々の曲も楽しかったです。

それにしても、竹中直人、この映画でも抜群の存在感を出しています。
ウォーターボーイズ、Shall we ダンス、シコふんじゃった等々、この手の映画にはもはや欠かせない役者ですね。
そして渡辺えり子、この人女優なのにあんなに太っていていいの?と思いますが、これまたいい感じです。

私は若い時からずっとサックスをやりたかったのですが、なかなか実現できずに現在まで来てしまいました。
しかしこの映画を観て、これからでも遅くないかもと思ってしまったのです。
(どなたか不要のサックスがあったらください。なんて無理な話しですよね)
[PR]
by bcure | 2004-10-21 11:09 | 映画
台風、野球、中田
また台風ですね。
もう勘弁してくださいという感じです。
この前の台風の被害がいまだに復旧していない所も多い中、新たな被害が出ないことを祈ります。

今年ほど台風が多いと、経済的にもかなりダメージがあるのではないでしょうか。
よっぽどの用事がない人以外は外に出ませんから、商店や観光地にも大きな影響が出ているはずです。
駅から少し離れいる私の店もやはり影響はありますね。
こういった時には、駅ビルとか駅の周辺の店が羨ましい限りです。

野球がいろいろな方面で盛り上がっていますね。
まずは日本。
パリーグのプレーオフが盛り上がって、さらには日本シリーズ。
両チームともエースで負けるという意外な展開で、おもしろくなってきました。

落合監督の何とも言えないキャラクターが、またいいですね。
現役時代から不敵な態度の人でしたが、今はそれに人間味が加味されて、いい味を出しています。
ペナント1位の貫禄で、中日の優勝でしょうか。

そして買収問題。
福岡ダイエーの買収にソフトバンクが名乗りを上げました。
IT企業の横綱登場ってとこですね。
楽天やライブドアとは格が違う企業ですし、買収が成功した後の経営にも期待できます。

さらにはアメリカでの松井選手の活躍。
いや~、すごいですね~。
あのヤンキースの4番として、十分な結果を残しています。
松井がすごいのはわかっていましたが、ここまでやってくれるとは思ってもいませんでした。
日本の誇りですね。

サッカー界では中田英寿選手が心配です。
股関節痛でずっと休んでいましたが、ようやく試合に出るようになりました。
しかし、試合内容はかなり悪いようです。
先日の試合でもパスミスを連発して、味方サポーターから大ブーイングを浴びたとか。
試合勘が戻らない?仲間との連携がまだできていない?などいろいろ言われていますね。

でも、このところの日本代表での試合を見ていても、以前の輝きはないなと思っています。
以前は日本の中では超一流でしたが、今は一流どまりでしょう。
彼ほどの選手ですから、また輝きを取り戻してほしいですね。
[PR]
by bcure | 2004-10-19 11:42 | スポーツ
携帯電話のこと
NTTドコモなど既存の携帯電話会社3社と、新規参入を目指すソフトバンクBB、イー・アクセスの2社が15日、総務省でパネルディスカッション開いたというニュースを見ました。

ソフトバンクBBは「免許をいただければ既存事業者より安い料金でサービスする」と宣言したのに対して、ドコモは「ライフスタイルの多様化に合わせ、さまざまな割引プランで料金を下げている」と反論。KDDIも「かつての2~3倍の価値あるサービスをやっている。値段だけでは比較できない」と反発したということです。

また新規参入2社は「過去10年間で携帯市場は40倍になったのに、新規参入はゼロで寡占化が進んでいる」と主張し、両者は真っ向から対立したそうです。

これって絶対に新規参入側の言っていることが正しいですよね。
これだけ大きな携帯電話市場を、たった3社だけで独占している現在の状況は、誰が見てもおかしいですし、もっとたくさんの企業が参入してきて当然ですよね。

料金だって、既存の業者がいろいろと言い訳めいたことを言ってますが、高いのは事実です。
若年層にとっては携帯電話は大切なコミュニケーション道具であって、使用頻度が多くなって当然。
その結果、携帯の支払で小遣いやバイト代の大半を使ってしまう、ということになるのです。
収入のない高校生たちにホイホイと携帯を売っておいて、そこから月数万円を取っている(巻き上げている)既存業者の姿勢には、憤りさえ感じてしまいます。

もし「既存事業者より安い料金でサービスする」と宣言した新規参入業者を閉め出すようなことがあったら、総務省と既存業者の癒着も疑いますよ。
裏でお金が動いていたりして・・・・・

携帯電話を使った便利なサービスがたくさん出てきています。
しかし今の高すぎる料金体系では、とても使うことはできません。
もっと気軽に使える携帯電話にするため、ソフトバンクBBさん、イーアクセスさん、がんばってください。
[PR]
by bcure | 2004-10-16 11:29 | IT