<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
イチロー
イチロー選手は今日のアスレチックス戦の第3打席で内野安打を放ち、1930年のビル・テリーらの記録を抜いて歴代単独2位となるシーズン255安打をマーク。(13:15現在)
ジョージ・シスラーがつくった最多記録257安打にあと「2です。
まだ試合は続いているので、まだ記録は伸びるかもしれません。

この試合が終わった後の残り試合は4試合、まず新記録達成は間違いないところでしょう。
すごいもんですね。

しかしあえて批判を恐れずに書きますが、あの内野安打って見ていておもしろいですか。
そりゃ俊足を飛ばして、1塁でのクロスプレー、すごいと思います。
でもあの打球って完全に打ち取られてしまったものですよね。
この前ニュースで、イチローの内野安打はボールの上を叩くから回転がものすごくかかっていて高くバウンドするから、野手が前に突っ込んでこれないと言っていました。
そのことも大変な技術でしょうが、私は見ていてもあまりおもしろくないのです。

やはり野球のバッティングって、遠くへボールを飛ばすことに醍醐味があると思います。
球場で見た時も、きれいな放物線を描いて外野へ飛んで行くボールを見るのは楽しいですからね。

だから例え打率は低くても、長距離ヒッターの方が好きですね。
まあ、野球に詳しくない私の意見ですから、イチローの本当の凄さがわかってないと言われれば、返す言葉もありません。

しかしイチローはイチロー。
ああいった内野安打が打てるのが彼の才能でしょう。
決してこの記録をけなすものではありません。
シスラーの記録はどれだけ上回れるか。
この際ですからガンガン打って、10くらい上回ってほしいもんです。
[PR]
by bcure | 2004-09-30 13:34 | スポーツ
曙?
2日くらい前でしたか、テレビのチャンネルを変えていたら、曙がちょうどK-1を戦うところでした。
格闘技ファンではないのですが、曙がどんな風になっているのかちょっと興味があったので、そのまま見ることにしました。

去年の大晦日、曙vsボブ・サップを見て曙の弱さにビックリしてしまった記憶があります。
「何だこりゃー」というほど、ひどい内容でしたからね。

さてあれから9ヶ月、少しは強くなったかな~と思っていると、やはり「何だ、こりゃ~」だったのです。
1ラウンド目の始まりは、のそのそと巨漢を揺らしながら前に出て、数発のパンチを繰り出しました。
おー、なかかなやるじゃないの、と思ったのです。

しかし、その後はリングの上ただに立っていただけと言ってもいいでしょう。
たまに前に出ても、パンチを出すでもなくボケーとしているだけのありさま。
まさに人間サンドバックと化していたのです。

すぐに倒れなかったのは、その厚い脂肪がプロテクターの役目をしていたのでしょうか。
最後は顔面に回し蹴りを入れられて、万事休す。
見事にふったんだというわけです。

ほんと惨め~な感じになってしまいました。
いくら何でもひど過ぎますね。

あの巨漢を行かせる格闘技って、他にないのでしょうか?
[PR]
by bcure | 2004-09-27 17:38 | スポーツ
ライブドアvs楽天
プロ野球の2度目のストはなくなりました。
NPB側が大幅に譲歩し、実質的に来期からの新規参入を認めたことなどによって、ストが回避されたのです。

球団を削減して1リーグ制をもくろんでいた1部のオーナーたちも、もう限界だと思ったのでしょう。
まあ、これだけあらゆるメディアが来期からの新規参入を支持している中、いくら何でも球団を削減する方向への動きはできるはずはありませんけどね。

これで来期もパリーグ6球団での試合ができるのですが、ここへ来て何だか変なことになってきました。
楽天も仙台をフランチャイズにすることを決めたのです。
これってどう思いますか?

私は、非常にイヤな気分です。
ライブドアに続き楽天も新規参入するというニュースを聞いた時は、「おー、楽天もやってくれるな」とうれしく思っていました。
しかし、よりによって何で仙台なんでしょう?
当初は、神戸だ、大阪だ、長野だと言っていましたよね。

明らかなライブドア潰しにしか思えません。
そりゃ、資金力や会社の信用度から言ったら、当然楽天に軍配があがります。
だからと言って、いくら何でもあからさま過ぎますよ。

ライブドアが近鉄を買いたいと言ったのはずいぶん前のことです。
ライブドアが手を上げたことによって、選手会も立ち上がることができたと思うし、プロ野球界が変わろうとしているその発端を作ったのはライブドアだと思います。

楽天が名乗りを上げたのはず~と後のことです。
楽天が豊富な資金力、知名度などを武器にして、ライブドアが先に目をつけた“東北”、“仙台”をフランチャイズにして手を挙げる、これじゃ完全な後出しジャンケンじゃないですか。

ほんと気分が悪いです。

NPBは新規参入企業の審査は公正に行うとしています。
資金力や会社自体を公正に審査すれば、誰が考えても楽天の勝ちでしょう。

ライブドア、心情的に味方してあげたくなってきました。
[PR]
by bcure | 2004-09-24 16:37 | スポーツ
スト突入
プロ野球がいよいよストに突入しましたね。
いちスポーツファンとして、選手会側を応援したいと思います。

プロ野球機構側はいったい何を考えているのでしょう。
せっかく新規参入に手をあげた企業が2つも出てきたというのに、時間がないという理由で来期からの参入は無理だという判断を下しました。
まだ9月です。
チーム数を絶対に減らさないことを目標に必死に動けば、来期からの参入も不可能ではなはずです。
彼らはチーム数を減らしたいとしか思えません。

そもそも事の発端、近鉄とオリックスの合併自体が何だかうさん臭い話しですね。
過去にも経営困難でチームを手放した企業もたくさんありました。
その際はチームの身売りでしたよね。
何で今回は身売りではなく、合併だったのか。
そこには、「パリーグでもう1組チームを合併させて1リーグ制へ移行する」ことが密約されていたからではないでしょうか
1チーム少なくなってしまうという、誰が考えても非常に不可解な今回の合併が、すんなりと認められてしまった背景は恐らくこんなところでしょう。

そして今回の騒動で一番思うのは、野球機構側には野球が本当に好きな人がいなかったということ。
オーナーたちも企業の人事異動によってオーナーになったわけですし、コミッショナーも然りです。
もし球界のトップのコミッショナーが本当に野球が好きな人だったら、こんな馬鹿げた騒動になるわけがありません。
野球が好きではないコミッショナーやオーナーと、野球が本当に好きな選手やファンとの温度差は当然といえば当然のことです。

ここで比べてしまうのは、やはりサッカーです。
日本サッカー協会には、川淵キャプテンという元日本代表の選手で心からサッカーを愛している人がトップにいます。
彼の行動には常に日本のサッカーを良くしていうこという意志が見えます。
100年先を見越した「Jリーグ100年構想」を早くから打ち出しているサッカー界と、企業の目先の利益だけを考えて来年のことも決められない野球界。

何だか野球が哀れに思えてきてしまいます。
[PR]
by bcure | 2004-09-18 11:42 | スポーツ
楽天、ライブドア+シダックス
楽天がプロ野球への新規参入の表明で、プロ野球騒動が一段とがおもしろくなってきました。

ライブドアに関しては門前払いという感じでしたが、楽天となるとそう簡単に無視するわけにはいなかにでしょう。
規模も実績も、ライブドアの比ではありませんからね。
パリーグの球団をさらにもう2球団合併させて1リーグ制移行を狙っていたパのオーナーのみなさんは、楽天の参入表明はさぞショックだったことでしょう。

もうひとつ、社会人野球のシダックスも参入に興味を示しているようです。
ライブドアとの連携の可能性もあるかもと言われています。
ライブドア+シダックスは、いいかもしれません。
この連携によって、資本、球団、選手、監督などがそろう訳で、野球機構としてももう門前払いというわけにはいかないでしょうね。

楽天やライブドアなどの新しい企業が参入することで、古い(ほんと古すぎる)プロ野球界の体質が変わってくるはずです。
経営陣も若いですし、新しい何かが生まれてくるような気がします。
楽しみですね。
[PR]
by bcure | 2004-09-16 10:23 | スポーツ
見たい映画2つ
先週「シュレック2」を見た時に予行編でやっていた「シャークテイル」は、おもしろそうですよ。

制作がシュレック2と同じドリームワークスですから、もちろん期待できます。
英語版の声優さんは、ウイル・スミス、ロバート・デニーロ、アンジェリーナ・ジョリーなどなど超豪華な顔ぶれ。
やはり海の中の物語を描いたディズニーの「ファインディング・ニモ」はおもしろかったので、ドリームワークスとしても負けられないところでしょう。
これは絶対に見たい映画です。

そしてもうひとつ絶対に絶対に見たいアニメ映画があります。
ディズニーの「Mr.インクレディブル」。
もとスーパーヒローだったMr.インクレディブル(スーパーマンみたい)の物語。
今は中年太りで、変身する時に付けるベルトがきつくてまけないのです。
以前に予告編を見て大笑いしてしまいました。

外国アニメ映画を見る時に悩むことがあります。
字幕スーパーで見るのか、日本語吹き替えで見るのか。
普通の洋画は当然字幕スーパーで見ますよ。
しかしアニメはみなさん、どうしてますか?

「ファインディング・ニモ」は字幕スーパーで見ましたが、日本語吹き替え版も良かったという話しを聞きました。
「シュレック2」は吹き替え版で見たところ、なかなかよかったです。

この手の“肩のこらない”映画は、ご気楽に日本語吹き替え版で見た方がいいかもしれませんね。
[PR]
by bcure | 2004-09-14 14:28 | 映画
シュレック2
きのう「シュレック2」を家人と見てきました。
それほど見たい!という映画ではなかったのですが、安い割引券が手に入ったので上映終了2日前になって見たという次第です。

普段映画はご近所の平和島シネマサンシャインで見ています。
しかしこの割引券はなぜかそこでは見ることができなかったため、以前よく行った川崎のチネチッタまで行ってきました。
チネチッタが新しく建て替えられてはじめて行ったわけですが、よかったですよ。

窓口で割引券をチケットに交換した時に、座席の指定券をもらえました。
このシステムならば、上映時間の前行った時でも、早くから椅子に座って待っている必要もないわけで、お茶を飲んだりショッピングをしたりして、時間ギリギリに入ればいいわけですから、非常に便利です。

映画館の中の椅子もフカフカで、とてもゆったりした気分で見ることができました。
今後映画を見るのに、近い平和島で見るか、気分のいい川崎で見るのか迷うことになりそうです。
しかし、映画館のあるビルにはこぎれいなお店やレストランなどもたくさんあるし、川崎に軍配があがるかもしれませんね。

さて映画の方ですが、おもしろかったですよ。
まずはCG。
さすがドリーム・ワークスの仕事だけあって、いつもながらそのきれいさに感心してしまいます。
出演者(?)の動き、表情など、ほんとよ~くできてますよ。
これがパソコンだけでできてしまうんですからね。すごい時代です。

そしてストーリー、大人が見ても十分楽しめる内容です。
こどもだけを意識したストーリーではなく、その辺は日本のこども向けアニメも見習ってほしいですね。

日本語の吹き替え陣もなかなかでした。
浜田雅功、藤原紀香、山寺宏一、竹中直人・・・など、みんないい味を出してましたよ。

話しは変わって、サッカー、ワールドカップアジア予選、日本vsインド戦、4-0の勝利でしたね。
勝って当然な格下インドに対して、攻撃面では物足りないところも多かったですが、湿度90%という悪条件の中、確実に勝点3をゲットしたことで良しとしましょう。

あとは10月に行われるオマーン戦。
これを落とさなければ(引き分けでも可)、ワールドカップに行けるのですね。
フランス大会の時の苦しさに比べれば、何だかあっけないほど楽に行けてしまいそうです。

これも日本代表が確実に強くなっている証拠でしょう。
[PR]
by bcure | 2004-09-09 11:21 | 映画
野球・・・・
いよいよですね。
プロ野球の選手会は、8日のオーナー会議でオリックス、近鉄の合併が承認された場合、11日を最初に毎週土、日曜日にスト権行使の方針を決定しました。

選手たちからすれば、正当な行動だと思います。

おかしいのはオーナーのみなさんです。
これだけ、ファンや選手、新聞にテレビ、ラジオなどで、合併反対の意見が多い中、それをまったく無視したような態度で、平然と合併を承認してしまう(と思う)のですからね。

プロ野球そのものの発展なんて、誰も考えていないのでしょう。
自分の会社のほんの目先の利益だけを考えているから、今回のようなことが起きるのです。

これだけプロ野球人気に陰りが見えている中、かれらの行動は滑稽にさえ思ってしまいます。
哀れなプロ野球。
来年は誰がメジャーに行ってしまうのでしょうか。

メジャーといえば、イチロー選手、すごいですね。
私としては、あまり好きな選手ではないのですが(クール、ふてぶてしい・・・)、これだけすごい成績を残されてしまっては、もう拍手をする以外にありません。
最近、なんだかサムライのような雰囲気すらしてきました。

反対に私の好きな松井秀喜選手(ほんとにいい人そう)。
最近、絶不調のようです。
こんな時もあります、焦らずやってください。
[PR]
by bcure | 2004-09-07 18:47 | スポーツ
「気分はハリー・ポッター」ほうき型乗り物開発って・・・
「気分はハリー・ポッター」ほうき型乗り物開発、
という見出しをインターネットで見つけました。

ハリー・ポッターファンでSF好きの私は、「おー!すげ~。ついにそんな物までできてしまったのか~」と、ほうきにまたがって空を飛ぶさまをイメージし、興奮しながら見出しをクリックしたのです。

記事には
「魔法使いのほうきをイメージした乗り物「スイーパー」が5日、北海道大学で公開された。同大大学院情報科学研究科の田中孝之助教授(33)を中心に産学共同で開発した。」
と書いてあります。

さすが北大と思って次を読むと
「長さ1.93メートル、重さ15.7キロ。ローラースケートをはいてまたがり、後部の電気モーターで車輪を動かす。最高速度は10キロで、柄の傾き具合でスピードを調節。1回の充電で30分走行できる。」
何じゃ?ローラースケートをはいてまたがる?最高時速がたったの10キロだ?
ほうき型乗り物で空を飛ぶのじゃないの・・・?

さらに写真を見てがっかり・・・・・(写真を見る
ローラースケートの動力として、ほうき型のモーターを使っただけじゃないですか。
こんなもの北大と産学共同で開発するものですか?

今までだってローラースケート自体にモーターが付いているものがあるわけで、わざわざこんな変なものにまたがる必要もないでしょう。
しかも時速が10キロしかでない代物ですからね。
21世紀に開発するようなものではないでしょ。

過大見出しには用心しましょう。
[PR]
by bcure | 2004-09-06 13:26 | ニュース
孫さんからメールが・・・・
店のPCはYahooBBを使ってインターネットへ接続しています。
普段Yahooのメールは使ってないので、このアドレスに来るメールはすべてYahooからのお知らせのものだけです。

きのうメールが着ていました。
またお知らせだろうと思って見たところ、「ヤフーBBユーザー様各位 ソフトバンクBB社長の孫 正義です。・・・・」で始まっていたのです。
なんとあの孫社長からのメールでした。
ちょっとビックリしましたね。

内容はというと、まず現在日本のブロードバンドが世界一安くしかも世界一高速になったのは、YahooBBが参入したからだと書いてあります。
これは正におっしゃる通り。
YhaooBBがそれまでの価格より大幅に安い値段でサービスを開始したため、他も追従せざるをえなくなった結果、今のような状況になったのです。

孫さんからのメールは、
「日本の携帯電話料金は世界一高い! と言われております。これは携帯電話事業に参入している企業がごく一部に限られており、自由な競争が行われていないことに最大の原因があります。」
と日本の携帯電話環境を嘆き、
「私たちソフトバンクが携帯電話事業に参入したい意向を持っている」、
しかし「平成16年8月6日、総務省から提案された800MHzの電波帯の再編案は、携帯電話に最も適した800MHz帯を独占的に使っている、NTTドコモとKDDIの2社のみが再編後も引き続き割当を受けるというものでした。そして今回の案では、平成24年までこのままの状態が続くことになり、結果として携帯事業への新たな参入は著しく困難になると思います。」
と続いています。

要は、携帯電話事業に参入して、ブロードバンドの時と同じように、携帯電話の料金を下げたい、しかし総務省はすでの免許を受けている2社だけに電波を割り当てて、新規参入を阻止しているということなのです。

私も、携帯電話の料金は高いな~といつも思ってるので、孫さんのソフトバンクが携帯ビジネスに参入することには、大大大賛成です。
最近携帯電話で便利なサービスがでいろいろと始まっていますが、パケット料金が高くてとても気楽に使えないですからね。
通話料金も高い。
特に若い人たちは、携帯料金を相当支払っていますよね。
たかが携帯電話に、何万円も使わなければいけない状況は異常ですよ。

それにしても総務省、新規参入希望企業に対して、冷たいじゃないですか。
まるでライブドアを閉め出したプロ野球界のようです。

このメールの終わりには、
「現在、今回の総務省案に対する国民の皆様方のご意見(パブリックコメント)の募集が行われております。パブリックコメントとは、官公庁が政策、制度変更する時などに国民から広く意見を募集するために行うものです。
私は皆様に、今回の総務省案に対するパブリックコメント募集に是非ご意見を出していただきたいと考えています。」
と書かれています。

総務省宛に、どんどん意見を送ってくれということです。
メールの書き方のテンプレートもついていて、ソフトバンクの真剣さが見えます。

送ってやろうじゃないですか。
携帯料金が安くなるならば、メールの1通くらい楽なもんです。

もしこのテンプレートが必要な方はご連絡ください。
送付させていただきます。
[PR]
by bcure | 2004-09-05 11:52 | IT