祝!優勝!
アジアカップ、優勝しましたね。

この試合ではまさか国歌へのブーイングはないと思っていましたが、甘かったのですね。
中国のみなさんのうっぷんは相当なもののようです。
いろいろな報道を見ていると、日本が過去に行ったことに対する抗議というより、日本のサッカーに対するねたみからのブーイングらしいです。
2004年のワールドカップで、日韓が決勝リーグへ進出、方や中国は1勝もできず敗退。
それがねたみに通じているということです。

気持ちはわかります。
しかし、アジアカップという国際大会のホスト国になったわけですから、もう少しおとなの態度を取るべきだったのではないでしょうか。
だから国として成熟していないなんて言われてしまうのです。

さてこの試合ですが、何だか負ける気がしませんでした。
同点にされた時点でも、余裕を持って見ていられました。
こんな風に代表の試合を観戦できるなんて、日本代表も進歩したもんですね。

みんな自信を持ってプレーしてましたね。
まあ、今回あれだけの修羅場をくぐってきたわけですから、当然といえば当然なのでしょう。
頼もしい限りです。

今大会では、みんな活躍しましたね。

玉田:すごかったです。あの縦へのスピード、そして落ち着いたシュート、大したものです。

川口:スーパーセーブの連発、彼がいなかったらおそらく敗退していたかも。一回り大きくなりました。

中澤:もう何も言うことはありません。強いディフェンスに成長しました。何度ピンチを救ったことか。

宮本:よくバックスをまとめ上げました。PK戦での審判への抗議もさすがです。

遠藤、福西、中田:いいボランチでした。攻撃面でも素晴らしかった。

鈴木:彼の運動量は半端じゃないです。前線からのディフェンスで勝利貢献しました。ファールもたくさんもらってくれました。

田中:地味ではありますが、きちんとした仕事をしてくれました。さすがジュビロのバックスです。

(三都主:私的には、今イチだったと思います)

そして最後に我が俊輔くん。
あのフリーキック、コーナーキックのすごさ。
実に精度のあるボールを蹴ります。
大会のMVPに選ばれましたが、当然だと思います。

攻撃面では、まだ物足りないところもあります。
しかし、それを差し引いても、彼のプレーは素晴らしかったですね。
今回のチームに彼がいなかったら、おそらく優勝できなかったことでしょう。

課題だった守備も、かなりがんばっていました。
最後尾まで相手を追って下がる場面もたくさんありました。

この調子でイタリアでもプレーしてほしいもんです。(来期が楽しみ!)

さあ、次はアテネですね。
小野が入ってずいぶん良くなったらしいです。
寝不足覚悟で、サッカー見ますよ!
[PR]
by bcure | 2004-08-08 20:15 | サッカー
<< オリンピック、時差がキツイです ジーコ監督は、やはりサッカーの... >>