ジーコ監督は、やはりサッカーの神様なのかな?
久しぶりの投稿になってしまいました。

アジアカップのバーレーン戦からだいぶ日が経ってしまいましたので、あの感動をもうここで書くことは無理ですね。
しかし、2試合続けてすごく熱い試合をしてくれました。
バーレーン戦、何度もうダメかと思ってことか・・・。

少し前にも書きましたが、最近の日本代表は変わりましたよね。
以前なら、よくがんばったけど、善戦したけど負けてしまった試合を、なとか勝てるようになってきました。

川淵キャプテンは
「チームには、今までになかったようないいムードがある、連帯感とか仲間を思う気持ちとか、いい競争心とか、そういうのが感じられる。2年で、あんな空気は初めて味わった」
と言っているそうです。

サブの選手たちが、決して腐らず全員で勝利を目指す雰囲気があるという報道もあります。

これって、やはりジーコ監督のお陰なのでしょうね。

先発を固定し過ぎる、あれではサブの選手たちのモーチベーションが下がってしまうなどと、散々言われてきました。
私もそう思った一人です。

しかし結果はまったく逆だったのですね。

システムが無いだの、やれ解任だのと言われ続けたジーコさんですが、これだけのチームを作ったのですから、もう誰も文句も言えないでしょう。
大したものです。

ここまで来れば、もう優勝しかありません。
ブーイングの嵐の競技場を、シ~ンとさせてしまいましょう。
いくら過去があるからって、サッカーの試合での国歌演奏にブーイングをする、そんなモラルのない人たちをギャフンと言わせてやりましょう。
[PR]
by bcure | 2004-08-05 16:50 | サッカー
<< 祝!優勝! いやー、サッカーってほんとすご... >>