いやー、サッカーってほんとすごいですね
きのうのアジアカップ準々決勝、日本vsヨルダン、1-1から延長になりPK戦の結果、日本が勝ちました。

PK戦では日本の1番中村選手、2番三都主選手が失敗。
ともにゴールバーの上を大きく外したのです。
この時点で、ほとんどの人が日本の敗北を覚悟したと思います。
しかし、月並みな言葉ですがサッカーは何が起こるか最後までわかりません。
ヨルダンの選手が4人連続して失敗し、日本が勝ちました。

代表レベルの選手が4人続けて失敗しますか?
普通あり得ないことですよね。
それが現実として起こってしまったのですから、サッカーの神様に感謝しなければいけませんね。

印象に残ったのは、三都主選手が外した後、キャプテンの宮本選手が審判に抗議に行ったこと。
彼はPK戦の前に芝の状態が悪いから反対側のゴールでPKをやろうと審判に言ったそうです。
彼の予感は的中し、中村選手、三都主選手のキックの際、軸足の芝が動き、大きく外したのです。

あの抗議は見ていて、カッコよかったですね。
毅然とした態度で、キャプテンらしい抗議の仕方でした。
もちろん英語でしょうね。
彼は一時プレミアリーグへ移籍直前まで話しが進んだことがあったので、そん時にでも猛勉強したのかもしれません。
英語が話せるキャプテンでよかったです。

その抗議の甲斐あって、PKのゴール変更を審判が認めました。
これは非常にめずらしいケースのようですね。
その時テレビの画面は、ゴール変更に猛抗議して退場になったヨルダンの監督が映っていました。
同時にやはりもの凄い剣幕で、何か言っているジーコ監督も映っていました。
それを見た私は、ジーコさんは「最初のキッカーからやり直せ!」と言っていると思い、いくらなんでも最初からやり直せは図々しいんじゃないのと思っていました。
事実、今日の新聞でもそう書いているものもありました。

しかし、別の新聞によるとそうではなかったようです。
ジーコさんは「ゴールを移すなら、ヨルダンの選手が2人目を蹴った後にしろ」と言っていたというのです。
あの時審判は日本が2人、ヨルダンが1人蹴った時点でゴールを移しましたよね。
それはフェアじゃないというのことでの抗議だったということです。

どちらが正しいのかはわかりませんが、私は後者ではないかな~と思います。
以前、Jリーグで相手のPKのボールにツバを吐いた事件がありました。
あれって、フェアプレーの精神にはもちろん外れていますが、ジーコさんがツバを吐いたのは、フェアな審判が行われなかったためなのです。
ジーコさんの中では、サッカーの試合は絶対にフェアじゃなければならないという、確固たる信念があるのではないでしょうか。
ですからきのうの試合でも、ヨルダンの2人目が蹴った後ならばゴールの移動もフェアだと思っていたのだと思います。

この移動もPK戦の流れが変わったひとつの要因でしょうが、一番はやはり川口選手の活躍でしょう。
このアジアカップでは、楢崎選手のケガによってチャンスを得ました。
そして毎試合、実に落ち着いたいいプレーをしていました。
彼のプレーで失点を免れたことも幾度かありましたね。

きのうのPK戦での落ち着き、集中力、大したものです。
PK戦の時キーパーって、相手が蹴る前に自分を大きく見せるため、腕を大きく広げたり高く上げたりするものです。
また体を揺すってみたりして、相手を動揺させる作戦に出ます。
今まで見たPK戦でも、キーパーはほとんどこういう動きをしていました。

きのうの川口選手はどうだったかというと、相手が蹴るまでまったく動きませんでした。
腕も自然に下に下げたきり。
身じろぎもせず、相手を静かに見つめていました。
相手が蹴る瞬間も、すーと体を沈めただけです。
大げさかもしれませんが、武士道に通じる何かを感じさせられた瞬間でした。

日本にとって絶対絶命のPK戦。
最後の4人の失敗を誘ったのは、この川口選手の“気”なのかもしれません。
海外での苦しい経験は無駄ではなかったですね。
彼がイングランドでほされていた時、代表での川口選手はもう終わったな~と思っていた私は、恥ずかしい限りです。

さあ、準決勝のバーレーン戦ですね。
中2日、競技場までの移動の距離も相当あるらしいです。
選手の疲労はもう限界でしょう。
相手のバーレーンは日本より1日休みが多いのも気になります。

しかし、今の日本代表にはツキがありそうです。
何とかなるでしょう。

追記:
韓国がイランに負けたのですね。
日本が残って、自国が負けた韓国では、大変なことになっていることでしょう。
[PR]
by bcure | 2004-08-01 13:30 | サッカー
<< ジーコ監督は、やはりサッカーの... アテネ五輪壮行試合 >>