まずは勝点3・・・
アジアカップの初戦、日本代表はオマーンに1-0で勝ちました。

俊輔くん、久しぶりの流れの中からのゴールじゃないですか。
左のアウトサイドで蹴ったトリッキーなシュート、あんなシュートは俊輔くんしかできません。
このシュート以外にも、前半何回かゴールに向かうシーンがあったのが、俊輔ファンの私にはうれしかったです。

全体的にはオマーンが断然押していました。
彼らがもう少しシュートがうまかったら、完全に負けていた試合でしたね。(コワイ!)

まあ、結果は勝点3をゲットできたわけで、あの猛暑の中、これは評価しなくてはいけません。
以前の日本代表は、善戦したけど負けたというパターンが多くありました。
しかし、きのうは負けそうだったけど勝った。
実に大きな変化だと思います。

きのうの試合では、中田、小野、稲本、高原、楢崎、久保、柳沢(彼はいても変わらないかも・・・)といった主力選手がいませんでした。
一昔前の日本代表だったら、これだけ抜ければお手上げといった状態だったでしょう。
カズやラモスなどがいないわけですからね。
そんな状態でも、なんとか勝ってしまう。
何だかんだ言っても、日本って強くなっているんだな~と思うのです。

しかし、やはりオマーンは怖いです。
10月に敵地で行われるワールドカップアジア1次予選のオマーン戦。
ここで負けると得失点差でワールドカップへの道は閉ざされる可能性が大きいわけで、きのうの彼らを見ると本当に心配になってしまいます。
(10月のオマーンは、少しは涼しいのでしょうか?)

あと感じたのは、川口選手がずいぶんと落ち着いたプレーを見せていたこと。
以前は、派手なプレーはするけれど、けっこうポカも多かった選手でした。
イングランドやデンマークでの経験は、非常に大きかったようです。

この後、24日のタイ戦で少し一休みしてもらって、28日に強豪イランを撃沈。
そして優勝へと一気に突き進んでいってほしいもんです。
[PR]
by bcure | 2004-07-21 09:14 | サッカー
<< すごい映画を見てしまった 暑さとサッカーと >>