バイクは楽し
中型自動二輪の免許を取ったのは29歳の時。

確か片岡義男さんのエッセイを読んで、バイクに憧れたのが最初だったと思います。

一番始めに買ったのが、ヤマハのSR250という普通のバイクにアメリカン風のハンドルを付けた、今思えばとんでもないバイクでした。
パワーもなく、乗りにくかった記憶があります。

次に買ったのは、当時250ccの4サイクルエンジンでは最速と言われたホンダのVT250。
これは素晴らしいバイクでしたね。
100キロで高速道路を走っている時にでも、アクセルを開けるとストレスなしに楽々と加速していくマシンでした。

次はヤマハのDT200というオフロードバイク。
軽い車体と2サイクルで、メチャ早かった!
多摩川の河原でモトクロスごっこや、林道ツーリングなどを楽しんだバイクです。

その後ず~とバイクとは縁のない生活をしてきましたが、最近ひょんなことから原付が手に入り、足として使っています。

原付といえども、風を切る気持良さには変わりありません。

もう一度、中型バイクに乗りたくなってきました。
[PR]
by bcure | 2007-07-20 20:08 | その他いろいろ
<< 日本代表 1-1 オーストラリア代表 浅草にお出かけ >>