キャロル・キング
先日運転中にFMラジオから、キャロル・キングの「ソー・ファー・アウェイ 」が流れてきました。

久しぶりに聞いたキャロル・キング、いいですね~~!!

「ソー・ファー・アウェイ 」の入っているアルバム「つづれおり」を聞いたのは、大学1年の時だったと思います。
a0028232_1351865.jpg


『つづれおり』(Tapestry)は、グラミー賞4部門制覇、全米アルバムチャートで15週連続1位、その後も302週連続でトップ100にとどまるロングセラーとなる。現在もなお多くの人々に愛され、世界中で延べ2000万枚を超える驚異的なヒットを記録している歴史的名盤である。(ウィキペディアより)

曲もよかったし、唄もよかった。
それに加え、最高のテクニックを持ったスタジオ・ミュージシャンたちの演奏が実にすばらしかった。
(ベースとチューニングされたバスドラ、当時は新鮮でした)

スタジオ・ミュージシャンを意識し始めたのも、このアルバムからです。

またその後、ウェスト・コースト・ミュージックへと傾倒していくきっかけを作ってくれたアルバムでもあります。


いいものは、何年経ってもいい!
[PR]
by bcure | 2006-08-01 13:54 | その他いろいろ
<< A3チャンピオンズカップ ご近所ネタ 不可解な事故? >>