ジダン、何やってまんねん!!
フランスvsイタリアの決勝戦、以前3時に起きると書きましたが、弱気になりビデオでの観戦となりました。
ただし、結果は知らなかったので、気分は完全なライブです。

試合は1-1で延長戦へ。
(疑惑のPK判定もありましたね)

その延長後半5分。
事件は起きました。

みなさんご存じのように、ジダンがイタリアのDFマテラッツィと二言三言、言葉を交わしたその次の瞬間、相手の胸板にいきなり頭突きを食らわせたのです。

主審は副審に確認し、レッドカード。
当然ですね。

ジダンくん、君は何てことをしたのですか?

フランスが優勝すれば君のための大会になるはずだったのに、バカな行為で自らその夢を砕いてしまいました。

この大会、フランスに味方しきたサッカーの女神も「もう終わりね」という感じで、PK戦でイタリアに勝利を与えたのです。

感動のドラマで終わるはずが一転、何だか後味の悪い大会になってしまいましたね。

最後の最後に、サッカー人生に汚点を残してしまったジダン。
あのプレーでは同情するわけにもいきません。

さて、勝ったイタリアですが、いいチームでしたね。
全員が力を惜しまず全力でプレーしていたのが、印象に残ります。

高い技術+戦う気持、優勝に値するチームだったと思います。
[PR]
by bcure | 2006-07-10 11:15 | サッカー
<< 日本FIFAランキング、49位 ダバディさん、JFAの会長へ立候補 >>