中田選手、引退
きのう家に帰ったら、家族が中田が引退だ~と騒いでいました。
ニュース速報が流れたようですね。
(ニュース速報で流すというのも、ちょっと大げさかもしれませんが)

それを聞いて私はそれほど驚きませんでしたね。

nakata.net設立当初からの読者としては、彼の進む方向がサッカーだけではないことは十分知っていましたし、ブラジル戦の後、彼のとったあの行動からも、ああ来るべきものが来たな、という感想でした。

残念ではあります。

しかし彼の美学として、自分が理想とするプレーと実際のプレーとのギャップは許されないものだったのかもしれません。

もちろん、この大会でも日本代表の中心選手でした。
決してあきらめないプレー、1対1の強さ、勝利への執念などなど・・・。

彼の存在感は抜群でした。

しかし、プレーの内容は以前とはだいぶ違ってましたよね。
以前あったようなため息の出るファンタジックなプレーは、最近少なくなったのは事実です。
代表だけではなく、所属チームでも然り。ベンチを温めるケースが多くなっていました。

彼の絶頂期はペルージャ、ローマ時代でしょうか。
ペルージャでのデビュー戦、ユベントス相手に2ゴールした時は感動しましたね。
ローマでリーグ優勝に貢献した時もすごかった!

残念なのは、彼の持っていた経験やサッカーへの情熱、多くのもを代表の選手たちに伝えきれなかったこと。
今回の代表でも、浮いた存在だったと聞きます。(彼なりに努力したことは、報道からもわかりますが)
願わくば、今一歩コミュニケーション、人付き合いがうまければ・・・。


彼の今後をみていくのは、とても楽しみですね。
何をやってくれるのでしょう。

とにかく今は“ご苦労さん”と言いたいです。
[PR]
by bcure | 2006-07-04 10:34 | サッカー
<< ドイツvsイタリア ENDLICHERI☆ENDL... >>