コーンスターチ
コーンスターチとは、コーンつまりとうもろこしから作られる澱粉=スターチのことで、 一般的な利用法としては家庭の調理用やビスケット、チューインガム等の菓子原料、アイスクリームの成形材料などがあります。

そのコーンスターチ、水に浸し、指などで押してみると不思議な動きをするのです。
どんな動きかというと、人間の筋膜(筋肉や骨、腱を覆っている膜状のもの)を手技によって緩めた時と同じ動きなんです。

きのうの定休日、コーンスターチを使って筋膜が緩む感覚を体験する「ボディワーク講習会」へ行ってきました。

いや~、おもしろかったです!

コーンスターチの中に手を突っ込んで少しの間は硬いのですが、ある瞬間突然にフニャ~と柔らかくなってしまいます。
この瞬間が、人間の筋膜がリリースされた感じと同じなんですね。

まあ、実際のからだでは、ここまで劇的な変化は少ないと思いますが、コーンスターチでこの瞬間を体験できたことで、よりリリース感がわかりました。

それにしても、誰が最初にコーンスターチが人間の筋膜に似ているなんてことを思いついたのでしょうね。
[PR]
by bcure | 2006-06-29 17:15 | その他いろいろ
<< 禁煙、プリ~ズ! ボディワーク入門講座、終了 >>