ワールドカップ、あれこれ
きのうの定休日、多摩川の河原を田園調布付近から二子多摩川まで歩いてきました。
川岸に沿って細い遊歩道(と呼べるほど整備はされてませんが)があり、けっこう自然の中を歩いている楽しさを味合わせてくれます。

約1時間、気持ちの良い汗をかきました。

きのうの夜見た、スペインvsウクライナ戦。
スペインの強さばかり目立った試合でした。
ウクライナはやられっぱなしで、ちょっとかかわいそう。
シェフチェンコの寂しそうな表情が印象的でした。(シェフチェンコ、好きなんです)

おとといは韓国戦を見ました。

同じアジア、体格だってそれほど変わらない韓国代表。
でも日本代表とは明らかに違いましたね。

韓国チームにはいつも思うことなのですが、試合に対する気持の入り方が違います。
これって民族性なんでしょうね。

日本代表って、淡泊にみえて仕方ありません。

4年間待ったワールドカップなんですよね。
その初戦、勝たなきゃいけないんでしょ。
足が攣って、走れなくなるまで走らなきゃいけないんでしょ。

そしてアン・ジョンファン
途中から出てきて、決定的な仕事をしました。

得点シーンだけでなく、ひとりでゲームの流れを変えてしまいましたから驚きです。

なぜ日本にはアン・ジョンファン的な選手が育たないのか?

さて、日本代表。
クロアチア戦では4バックになるようです。

ボランチは変わらず、中田、福西。
トップ下には俊輔と小笠原。

どうなんでしょう?
中田を前に出して、稲本をボランチの入れる手はないのでしょうか?
[PR]
by bcure | 2006-06-15 10:29 | サッカー
<< 前向きに サッカー解説者 松○さん >>