美味しいお酒、3種
きのう、私が参加している「ボディーワーク入門講座」の生徒さん(Iさん)がカナダへ行ってしまうということで、セミナー修了後に送別会が開催されました。

場所は講師の小川さん斎藤さんの横浜のセッションルーム。
(場所の提供、ありがとうございました!)
斎藤さん自慢の真空管アンプのステレオからLPレコードのジャスが流れる中、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

そこで飲んだお酒が美味しかった!!(提供してくださったIさんはじめ、Sさん、Gさんありがとうございました)

ご紹介しましょう。

まずはシャトーマルゴー。
a0028232_11474295.jpg
すごいワインらしいです。(すみません、ワインに詳しくないため、そのすごさがわかっていませんでした)
ワイン通の方なら、このすごさはお分かりですよね。
値段も相当お高いとか。

フランスワインの女王
ボルドー・メドック地区のワインをフランスワインの女王と呼ぶとするならシャトー マルゴーは女王たちの中でも、最も芳醇で最も優美なワインだと言えます。 長い瓶熟を経て花開くシャトー マルゴーの華麗さと、たおやかさ、そしてデリカシーはまさに比類のないもので、1855年の公式格付けでグラン クリュ第1級に選定されたのも当然すぎるほどのことだったと言っていいでしょう。 (サントリーワインスクエアーのサイトより抜粋)

飲んでみました。とにかく深いです。
こんな深い味わいのあるワインは、はじめての経験です。(まあ、安物のワインばかり飲んでますから、仕方ないですが)
やっぱ、いいものは旨い!ですね。
シャトーマルゴー、さすが女王様です。

次にお出ましは、日本酒。
a0028232_11571646.jpg
大吟醸です。
これもすごかった!
完全に日本酒の味ではなかったです。言ってみれば、ワインに近いでしょうか。
何か果物が入っているような、実に美味しい日本酒でありました。

最後のご登場なさったのは、アイスワイン(カナダ産)。
a0028232_11591454.jpg
(写真の写りが今イチですね)

アイスワインとは一言で表現すると、"凍った完熟葡萄から造られるワイン"です。1794年の冬、ドイツのフランコニアの農場で、世界初のアイスワインが生まれました。その年のフランコニアは予想もしない霜に襲われ、熟した葡萄がそのまま放置されたために凍ってしまい処分することになりました。貧しい農民たちは、捨てるはずの葡萄で僅かなワインを造ったところ、とても甘みの強い、芳醇な香りのワインに仕上がりました。この奇跡的な偶然から生まれたのがアイスワインなのです。(カナディアン アイス ワイン ギャラリーのサイトから抜粋)

アイスワイン初体験ですが、とにかく甘くて驚きました。
そして濃厚、非常に美味しいワインです。

イヤー、いい経験をさせてもらいました。

最後にIさん、カナダでもお元気にお過ごしください。
そしてよりパワーアップをして帰ってきてください。
[PR]
by bcure | 2006-02-14 12:11 | その他いろいろ
<< 「龍時」 衝撃の噂話、本当?ウソ? >>