ラモス監督、会見
来期からJ2で戦う東京ヴェルディのラモス新監督の就任会見がありました。

すごいことを言ってますよ。
チームカラーを引き合いに出して、「グリーンの血が流れているというぐらい東京Vを誰よりも愛している」
まさかグリーンの血が流れていたとは知りませんでした。

「技術があっても気持ちが弱い選手は自分のチームに必要ない」とも言っています。
今までのヴェルディの印象はというと、個人技がある選手が多いけど、斜に構えるというかクールというか、気持ちを前面に出す選手が少ない、そんな感じがしていました。
サッカー界きっての熱い男が監督になって、チームも変わっていくことでしょう。

これに合わせて、都並敏史前J2仙台監督のコーチ就任も発表され、さらにもう1人のコーチ候補に柱谷哲二浦和コーチの名前もあがっているとか。
これでもしカズが選手として入団でもしたら、まさに強かった時期のヴェルディの再現ですよね。
果たしてカズは横浜に残るのか??

「1年でJ1に上がることが目標」ということですので、期待して待っていますよ。

話は変わって、トリノ五輪の女子フィギュアスケート代表にに荒川静香、安藤美姫、村主章枝選手が決まりましたね。
年齢制限で出場できない浅田真央選手は残念でしたが、日本選手の実力は高いので、メダルの期待は大きいですね。

ちょっとズレますが、安藤美姫選手のメイクって、どうなんでしょう?
あまり良くないな~と思うのは、私だけでしょうか?
ちゃんとしたメイクアップ・アーチストでも付けてあげればいいのに、と思ってしまいます。
[PR]
by bcure | 2005-12-25 20:03 | サッカー
<< あといくつ寝ると・・・・ 動く歩道のエスカレーター >>