日本代表vsウクライナ代表 0-1
あまり書きたくないのですが、いつも書いている代表戦ですので書くことにします。

ジーコ監督は相当に怒っていましたね。でも今度ばかりはごもっともと言わざるを得ません。
ホームチームが有利になることはよくあることですが、あそこまで露骨にやられるのも珍しいことです。
たかが親善試合なのに、あそこまでやるもんですかね?

あの主審は、きっと試合前にこの試合でやることを二つ決めていたと思います。
一つは日本にレッドカードを出すこと、もう一つはペナルティーキックをウクライナに与えること。
二つとも確実に実行したということでしょう。

まあ、審判を抜きにしても完敗だったですけどね。
シェフチェンコは出ていませんでしたが、ウクライナは強かったです。
日本の放ったシュートをわずかに4本。あのFWでは点が入る気もしません。
ワールドカップの本番、あのFWで大丈夫なんでしょうか?
(巻、大久保のコンビを先発から見てみたい!!)

しかし、日本の選手層もずいぶん厚くなったなあ~と思います。
バックスの真ん中が、坪井選手と茂庭選手ですよ。
危ない場面もたくさんありました。しかしそこそこ守れてしまうんですね。
こうなると中沢選手はさておき、宮本選手もおちおちしていられません。

今回の欧州遠征、いろいろな問題点が浮き彫りになった日本代表でした。
さて、人選を含めてどう立て直していくのか?(特に左サイドの人)

追記:
今日の朝、昨日事故があった踏切を見てきました。
そこには普段と全く変わらない、いつもの踏切がありました。
なんだかむなしかったです。
[PR]
by bcure | 2005-10-13 10:53 | サッカー
<< 宝くじ売り場ができた 悲しい事故が・・・ >>