日本vsホンジュラス 5-4 守備崩壊
きのうの代表戦、勝ちはしましたが喜んでいる人は誰もいないことでしょう。

4点も取られていいんすか?
点の取られ方も、どれもひどいものばかり。
守備は崩壊といってもいいでしょう。

ジーコ監督が好きな4バックは、何度試してもやはりダメですね。
三都主選手と加地選手の守備力では、4バックは無理ということがはっきりとわかった試合です。
まあ、いくらジーコさんでも、この二人での4バックはもうやらないと思いますが。

それにしてもホンジュラス、FIFAランキングは日本よりかなり下、ドイツワールドカップは出場できないといったチームですが、ツボにはまるとすごいですね。
後半守備陣の足が止まらなければ、日本は惨敗していた可能性も大です。

ワールドカップ本番では、5点も取れるわけがありません。
この試合で見えた守備の課題を、ドイツまでには修正していってほしいもんです。

a0028232_11394722.jpg攻撃はというと、柳沢選手、やればできるじゃあないですか。イタリアで、シュートを打つことの大切さを実感したのでしょう。
今までだったらパスを選択した場面で、シュートを打ってましたから、何だか吹っ切れたようです。
(写真はニッカンスポーツより)





そして俊輔くん。調子いいようですね。見ていても楽しいですよ。
守備もうまくなってきたし、頼もしい限りです。

さあ、次は10月のヨーロッパ遠征ですね。
ウクライナ戦では、あのシェフチェンコ選手が出場するという噂もあります。
守備陣がどこまで踏ん張れるのか、見ものです。
[PR]
by bcure | 2005-09-08 11:45 | サッカー
<< 虻川美穂子 台風14号 すごい! >>