電車の中の出来事-あなたならどうする?
きのう勉強会に参加するため大森駅から電車に乗った時のこと。
午後1時ぐらいで、車内はイスの席はいっぱい、立っている人はまばらといった状態でした。

大井町を過ぎた時にこの出来事は発生しました。
登場人物は、ヒロイン(女性25歳前後、今風の容姿)、男性A(30歳前後、ちょっと秋葉風)、男性B(60歳前後、サラリーマン風)の3人。
それぞれの位置関係はこんな風です。
a0028232_1033290.gif
突然、男性Aがヒロインに近づいて、指を指し何かを言って席に戻ったのです。

「何だ?」と思いながら、女性の視線の先を見ると、Tシャツのお腹付近に毛虫が歩いていたのです。
体長5cmぐらいの毛がいっぱい生えた、オーソドックスなスタイルの毛虫でした。
ひぇ~!私は毛虫が大の苦手です。

女性はというと、一瞬のけぞった感じはありましたが、周りを気にしてか「キャー」とも言わず、一見冷静風を装いながら、手に持っていた携帯電話を使って毛虫を床に落としたのです。
落とされた毛虫は床をうろうろと動き回っています。

「この毛虫どうするんだろう」と思っていると、女性がバックからウェットティッシュを取り出しました。
「そうか自分についてきた毛虫だから、自分で始末するんだな。毛虫は好きじゃないだろうに、けっこうえらいじゃない」と思って見ていると、何と携帯を拭き出したじゃありませんか。
さっき毛虫をはらったので、そこを丁寧に拭いているのです。
「何だ、こいつ~!!、毛虫を取るんじゃなかったのか!」

毛虫は行き場を失って、かなりのスピードでうろつき出しました。
「このままじゃ、誰かに踏まれてしまうだろうな。ティッシュか何かでそっとつまんで外に逃がしてやるのが一番なんだけど」と思いましたが、毛虫嫌いの私にはそんなことができるわけもありません。

と、そこへ登場したのが男性Bです。
つかつかっと毛虫に近づき、すでに用意してあったティッシュ(2枚重ね)で毛虫を包んだと思ったら、ギューと握りつぶしたのです。
「ひぇ~!毛虫を取ってくれたのはありがたいけど、何もつぶすことは・・・・」

そうこうしている内に品川駅に到着、男性Bと私は電車を降りたのです。

さて、みなさんだったらどういう行動をしたでしょう?
男性Aの立場だったら、毛虫がついているのを教えたか?
ヒロインだとしたら、落とした毛虫をどうしたか?
男性Bだったら、取った毛虫を握りつぶすのか?
傍観者でいた私の立場だったら、毛虫を取ったのか?

いろいろと考えさせられた、昼下がりの出来事でした。
[PR]
by bcure | 2005-07-30 11:10 | その他いろいろ
<< 東アジア選手権:北朝鮮1-0日本 アンナミラーズ >>