ガチンコのブラジル、惜しかった!
コンフェデレーションカップ、ブラジル戦は2-2の同点でしたね。
サッカーの女神さんは、同点までは演出してくれましたが、「ブラジルに勝つのはちょっと早いわよ、と勝たせてはくれませんでした。

それにしてもガチンコの勝負で、ブラジルにここまでできるとは、まったく予想してなかった結果です。
試合前の報道では、ロナウジーニョ、アドリアーノ、カカは体力温存のためベンチ。しかしふたを開けてみると、3人とも先発、さらにロナウジーニョは最後まで出場しましたから、ブラジルのこの試合にかける意気込みが伝わってきます。

ジーコ監督が前半の加地選手のゴールが認められていれば、と会見で言っていましたね。
あのシーンにはほんと驚きましたよ。あれ~、入っちゃったよ!と唖然として見ていました。
しかし実況のアナウンサーがゴールする前「オフサイドはありません」と叫んでいたにも関わらすオフサイドでしたから、がっかり。
副審のフラッグをよ~く見て実況してくださいね。(テレビのリプレーで見た限りでは、オフサイドでしょう)

加地選手、この大会で完全に自信をつけましたね。今後が非常に楽しみな選手になりました。

そしてわが俊輔くんのゴール、ものすごかったです。素晴らしいゴールでした。
前回のギリシャ戦に続き、この試合でもマン・オブ・ザ・マッチに選ばれましたね。
同じく1得点、1アシストのロナウジーニョを抑えての選出ですから、各クラブの評価もぐ~んと上がったことでしょう。ファンとしてもうれしい限りです。
来期はおそらくスペインでプレーする彼の姿が見られるはずです。

中田ヒデ選手もいいですね~~。
あれだけのプレーを見せられると、彼が何でフィオレンティーナで使われていなかったのか、とても不思議です。
ドイツ紙では、彼を気に入っているベンゲル監督のアーセナル移籍も可能性があると報じています。プレミアでプレーするヒデ、絶対に見てみたいです。実現するように祈っていますよ。

しかし前にも書きましたが、中沢選手がもしいたら。
「もし」、「たら」は言っても仕方ないことだとはわかっています。ただただ彼がいなかったことが残念でなりません。

日本のコンフェデはこれで終わり、結果としては決勝トーナメント進出はできなかったわけです。
善戦はしましたが、ワールドカップ本番を考えるとやはり心配が残ります。
予選リーグ突破を目指して、あと1年何が必要なのか、そして何ができるのか。

サッカーの女神さま、それまで見捨てないでください。
きっともっといいチームになっているはずですから。
[PR]
by bcure | 2005-06-23 11:36 | スポーツ
<< ロッド・スチュワート・・・・ たんぽぽ皮膚科クリニック >>