日本代表vsペルー代表
代表の試合を見ているのに、何でワクワクしないのだろう?
きのうのキリンカップを見ながら、そんなことを考えていました。
国内組+稲本選手で臨んだ試合、すごく冷めて見ていました。

ケガの加地選手に代わった三浦選手、同じく中澤選手に代わった坪井選手以外は、いつもと同じ顔ぶれ。
いい加減もう飽きた、というのが本音です。
FWも相変わらす、鈴木選手と玉田選手。

Jリーグでの今季の得点は、鈴木選手2点、玉田選手0点。
何だかな~!、と思ってしまいます。
鈴木選手より得点を取っている日本選手は実に18人もいるのに、なんでいつもこの二人なんでしょうね。
そして得点ランキング堂々の1位、10点取っている大黒選手がベンチスタートですから。
(最初から見たかった)

試合の内容もいつもどおり。
おー、と思わせてくれるプレーはほんのわずか。
もっとゴールへ!オリンピック代表の大久保選手や田中選手が見せてくれた、勇気あるプレーが懐かしいですね。
ヨーロッパ組がいないチャンスなのに、失う物はないはずなのに、何を怖がってあんなに消極的なのか?
(小笠原選手、もうヨーロッパ組がどうのこうのという愚痴はやめなさい、何度チャンスをもらっても結果が出せないのですからね)

やはり、中田選手、中村選手、小野選手に頼らなければいないのが、日本代表の現状なのでしょう。
(+大久保選手)
(稲本選手もきのうは良かった)

W杯アジア最終予選のバーレーン戦では、ワクワクしたいものです。
[PR]
by bcure | 2005-05-23 17:47 | サッカー
<< 健康の3アイテム 「ダイシン百貨店=ドンキ・ホー... >>