ラモス=ビーチサッカー
投稿ができない日が続いてしまいました。

ついこの前まではTシャツ1枚で過ごせた日もあったのに、最近は寒い日が続きましたね。
5月が寒い年は、冷夏という統計があるそうです。
冷夏は農業関係の人たちにとってはよくないと思いますが、去年のあのクソ暑さを思うと大歓迎です。(農家のみなさん、すみません)
今年の花粉のすごさも去年の猛暑の影響ということなので、来年は少しは楽なのでしょうか。

さて前回書いたビーチサッカーのワールドカップでは、日本は結局4位でしたね。
まあ、4位というのも日本の力からいったら順当な結果でしょう。

準決勝進出でやっとテレビで映像が流れました。
あんな深い砂の中で戦うわけですから、芝のサッカー以上に体力が必要なはずです。
さらには暑さ、ブラジルの炎天下、見ているだけでも辛さがわかります。

ボールは柔らかそうですね。
そのため、シュートもすごい威力で飛んでいきます。
けっこう遠くからのシュートが入っていました。

ラモス監督は悔しいでしょう。
祖国ブラジルにはどうしても勝ちたかったのに、3位決定戦では2-11の完敗ですから。
しかし、「やはり経験不足。精神的な慣れや技術を磨くことが今後の課題。ブラジルなど世界の4強と試合が出来たことは幸せなこと」と言って、今後も監督の続投を希望しているようです。

ラモスとビーチサッカーって、ものすご~く似合っていると思いませんか。
期待してますよ。
[PR]
by bcure | 2005-05-17 10:34 | サッカー
<< 大森で一番!! サッカーワールドカップ 4強へ! >>