完敗です
イラン戦、負けてしまいましたね。
結果は1-2ですが、完敗と言っていいでしょう。

イランはやはり強かったです。
全員が「勝つんだ」とうい強い気持ちを持って、試合をしていたように感じられました。
ボールへの寄りも早かったです。いつものように日本が余裕を持ってボールを回すシーンが、全然なかったですからね。
それだけ厳しいプレッシャーがかかっていたのでしょう。

日本はどうだったのでしょうかね。
4バックだから負けたとは言えませんが、選手たちがやりにくそうにしていたのは事実です。
バックとボランチの連携もうまくいってなかったし、何回もあぶない場面を作られていました。

イランの2点目では、中沢選手と宮本選手が外に引き出され、ゴール前にいたのは加地選手ですからね。
少なくとも3バックならば、どちらか一人はゴール前を守れたはすです。
しかしこんな、「もし」、「たら」を言っても仕方ありません。

悪い時の日本代表でいつも思うのは、プレーが軽いな~ということ。
テクニックに頼りすぎて、クールなプレーが多いということ。
もっと泥臭くてもいいから、体を張ったプレーが必要です。

わが俊輔くんも、きのうはずいぶんボールを取られていました。
ボールキープはうまい彼なんですけどね。
イランのプレッシャーは想像以上だったのでしょう。

後がなくなりました。
来週のバーレーン戦は、きびしい戦いになるでしょうね。
3バックに戻すのか、4バックのままか・・・・・。
もしバーレーン戦に負けた時、ジーコ監督の更迭はあるのか?

今までツキにツイていたジーコさんも、どうやら風向きが変わってきたようです。
ただし、応援団長の香取慎吾くんが言ってましたが、彼が見に行った試合では負け試合はなかったそうです。
当然バーレーン戦を彼は見に行くので、ここは彼の幸運に期待してみましょう。
もうこうなったら、神頼みです。
[PR]
by bcure | 2005-03-26 16:35 | サッカー
<< 中田ボランチ? 大丈夫か? >>