カラオケBOX、衰退?
今日の朝、TBSテレビの「知っとこ!」を見ていたら、カラオケBOXが衰退しているということがわかりました。
(ちなみに「知っとこ!」は土曜の朝、ちょうど私が朝食を食べる時間にやっている、「オセロ」の二人が司会の番組。オセロが最高におもしろい。特に松島さん。レギュラーのざこば師匠もとぼけた味を出しています。同じくレギュラーの中尾彬、うんちくオヤジですがオセロにいいように遊ばれているのも、おもしろいです)

カラオケBOXが登場したのは1983年、その後爆発的なヒットで客数も店舗数も伸びていきました。
そう言えば、一時期繁華街のカラオケBOXは、満員で待たされることが多かったですからね。
そしてピークは8年前、しかしそれ以降カラオケ業界は苦しい状況が続いているそうです。

みんな飽きてしまったのでしょうか。
かく言う私も、カラオケBOXはあまり好きではないほうですね。
歌うためにカラオケBOXを目指して行く、そんな使い方ならばいいと思いますが、飲み会の2次会なんかで行くのは、ちょっとひいてしまいます。
歌うこと自体は嫌いではないですし、人が歌うのを聞くのも楽しいもんですが、「話せなくなる」のがイヤなのです。
せっかく集まったからには、いろいろと話たいですからね。
歌うことが嫌いな人にとっても、大迷惑でしょう。

歌いたい歌、というか歌える歌が少なくなってきたも原因かもしれません。
最近の歌って難しくなってきて、簡単にに歌える歌は少ないですから。
何年か前、ミスチルを歌おうとして、大変な思いをしたことが思い出されます。何であんなに字余りなんだ~!(これって、おじさんだからですか?)

番組ではカラオケBOXを利用して、映画が見られるサービスをしている店を紹介していました。
どうなんでしょうかね?映画館がないような地域ならまだしも、映画は大画面、大音量で見たいもの。
どれだけの需要があるのでしょう。

近ごろ、その業界全体が衰退してしまう「業界不況」が多く見られます。
長年繁栄してきた業界も、先を見ていろいろと改革をしていかないと、ある日突然バッタリといったことになる可能性だってあるわけで、大変な時代になってきました。
そう言った意味では、プロ野球も危なかったですね。
昨年のライブドアの参入問題、そして楽天とソフトバンクの参入で少し風向きが変わった感じがするので、とりあえずひと安心といったところですか・・・・・?
[PR]
by bcure | 2005-03-12 16:43 | その他いろいろ
<< ヒデがちょっと心配です お医者さんの商売がたき? >>