甘くなかったですね
試合の前日に書いたとおりになってしまいました。
北朝鮮戦、弱かったカザフスタン、シリアとはまったく違いましたね。
「絶対に負けられない戦い」と思っていたのは、日本ではなく北朝鮮の方だったようです。

やはり国内組だけではきびしいです。
ジーコ監督もそれを痛感したのではないでしょうか。

前半開始早々、小笠原選手のFKで先制したのは良しとしましょう。
しかしその後日本代表は、ダラダラとした動きになってしまいます。
安全なパスや足もとのパスばかりで、ゴールへ向かおうという強い気持ちが、まったく感じられませんでした。

さらに後半開始からは、浮き足だってしまったように見えました。
北朝鮮の攻撃もすごかったのですが、それをまともに喰らってしったというか、ボールが収まらず、全員オロオロといった感じです。
この時、「あ~、ヨーロッパ組がいればな~」と思いましたよ。
相手の攻撃を軽くいなす、味方を落ち着かせる、そんなプレーはやはりヨーロッパの厳しいリーグで戦っている彼らだからできるものだと思います。

そして失点。
確かに失点した時の相手のプレーは素晴らしかったですが、相手にその勢いを与えてしまったのは、日本の選手たちの緩慢なプレーが原因でしょう。
余談ですが、あの1点はどう見ても川口選手のミス。
北朝鮮の左からの攻撃で、クロスが入ると思い込んで、ゴールのセンターに位置していました。
あの場面では、一応シュートの可能性も頭に入れて、ゴールのニアサイドもケアする必要があります。
最近ぼんミスが少なくなった川口選手、あのプレーはいけませんよ。

そして、ジーコ監督は高原選手とわが俊輔くんを次々と投入しましたね。
あの二人が入ってから、明らかに日本にリズムが変わりました。
特に俊輔くん、さすがにイタリアでスタメンを取っているだけのことはあります。
彼のタメやするどいパス、ドリブルで、相手は相当混乱してましたからね。
どう見ても、俊輔>>>>>小笠原でしょう。

ロスタイム、その後に投入された大黒選手が得点してくれました。
あのプレーはすごかったです。
あの体勢でボールを受けたら、まずトラップして次にターンしてゴールへ向く、というのが普通でしょう。
しかし彼は、体を半身にしてダイレクトでシュートを打ったのです。
昨シーズン、Jリーグで日本人最高得点者だっただけのものはあります。
今後期待大!!ですね。

それにしても、ジーコ監督、前から書いているように、何だかわからないけどすごいツキを持っている人ですね。
またしてもロスタイム。
去年のオマーン戦、アジアカップなど、何度もロスタイムに助けられています。
見ている方はハラハラドキドキで、おもしろいといえばおもしろい試合なんですが、もう少し楽に勝ってもいいですからね。

これも前に書きましたが、そんなジーコ監督にもと、日本は終わってみれば案外簡単にワールドカップ出場を果たしてしまうだろう、という気がしてなりません。
サッカーの神様と言われたジーコさん、あなたには本当に女神が付いているのかもしれません。

とにかく勝ち点3ゲット、めでたしめでたし~!!

*きのう「オペラ座の怪人」を見てまいりました。
そのレポートは後日書きます。
[PR]
by bcure | 2005-02-10 12:01 | サッカー
<< オペラ座の怪人(採点☆☆☆☆☆) とりあえず勝点3 >>