カザフスタン弱し
きのうの日本代表vsカザフスタン代表戦は、タイトルにあるように日本が強いというよりも、相手が弱かったな~という印象です。

結果はご存じのように、4-0で圧勝でした。
でもあまりにも相手の守備がひどくて、ゴールが決まっても大して喜びもなかったですね。

そんな中、光っていたのは2点を入れた、FWの玉田選手。
スピードと、ゴールへ向かう姿勢、よかったですよ。
今の時点では、玉田>高原でしょう。
高原選手も、もっとがんばらないと~。
玉田・高原のツートップもあるもしれませんが、どちらにしても最近の高原選手にはキレがないですからね。

あとはDFの松田選手。
ケガの宮本選手の代役として、がんばってくれました。
私としては、中沢選手とのコンビネーションも含めて、松田>宮本だと思っています。

福西選手もいいですね。
守備もいいですが、攻撃面が魅力的です。
中沢選手とともに、ヘディングをさせたらピカ一。
でも、ボランチのポジションは、小野選手、稲本選手がいるわけで、本番のスタメンは難しいっすかね。

期待されていた小笠原選手は、いつも通りのプレーをしていました。
4点目の玉田選手に出したスルーパスはよかったですが、それ以外ポジションを取るんだ!という気迫が全然感じられませんでしたね。
同じポジションに最近一皮むけた俊輔くんがいるのですから、もっと死に物狂いにプレーをしてもいいと思うんですけど・・・・。
あれではやっぱり、俊輔>>>小笠原ってことになってしまいます。

国内組の選手のコンディションはバッチリのようですから、これにヨーロッパ組(俊輔、稲本、高原か?)が加われば、北朝鮮などまったくお呼びじゃない!といった感じでしょう。
2/9埼玉で、ギャフンと言わせてやりましょう。
予想は前にも書いた通り、3-0での勝利です。
[PR]
by bcure | 2005-01-30 10:53 | サッカー
<< 花粉か?・・・・ ヒトリナフタリ >>