カーディフ
稲本潤一選手が、プレミアリーグのウェストブロミッジから、チャンピオンシップリーグのカーディフへ1ヶ月の期限付きで移籍したそうです。

チャンピオンシップというのは、プレミアの下のリーグでです。
彼は骨折から復帰しましたが、ウェストブロミッジのトップの試合にはまだ出られない状態が続いていました。
そんな中、下のリーグへ1ヶ月のレンタルが決まったのです。
向こうでは、ケガから復帰した選手が、まず下部リーグでプレーをしてからトップに戻ることがよくあるそうなので、特に変わったことではないようです。

調べてみました。
現在チャンピオンシップリーグには24のチームがあります。
けっこう多いですね。(ちなみにプレミアは20チーム)
ウェストハムや、リーズユナイテッド、サンダーランドなどなど、プレミアで聞いたことのあるチームも、けっこうあります。
その中でカーディフは、今日に時点で21位と低迷していますね。
稲本選手は、即戦力として降格阻止のためにレンタルされたようです。
先日の日本代表vsドイツ戦でも約70分間出場して、ある程度の成果を出したので、2部の下位チームならば活躍できるかもしれません。

チームの正式名は、カーディフ・シティFC。
カーディフという都市はウェールズの首都で、ロンドンからは列車で1時間45分の距離にあります。
最近の調査では、イギリス人が住んでみたい都市の第三位に選ばれたそうなので、きっといい街なのでしょう。

ホームページには、早々と稲本選手の写真が一面に掲載されています。
クラブの歴史は古く、1899年の創立。
かつてFAカップ(日本の天皇杯みたなものですかね、違っていたらすみません)で1回優勝したこともある名門クラブのようです。

稲本選手は、私の好きな選手の一人でもあります。
レンタル中に試合堪を戻しながら活躍して、その後はプレミアリーグ再出場をぜひ果たしてほしいですね。
プレミアに残れるよう、ほんと期待してますよ。

追記:
上の記事を書き終わって、nikkansports.comを見たら、こんな記事が出ていました。

Jリーグ入りを目指すJFLの群馬FCホリコシは24日、J2湘南を今季限りで退団するブラジル人FWアマラオ(38)を獲得したと発表した。アマラオはJ1東京でリーグ通算49得点を挙げるなど経験豊富。湘南へ移籍した今季は2得点に終わったが「長年つちかった経験を生かし、チームをJ2に上げることができるように頑張りたい」と話した。

頑張りますね。
もうてっきり引退するのかと思っていましたよ。
がんばれ!アマラオ!!
[PR]
by bcure | 2004-12-24 16:17 | サッカー
<< 温暖化ビジネスって・・ 冬至です >>