toto売上不振
今日のニュースで「totoの売り上げは昨季より約47億円減の155億7744万6000円で過去最低となった。全国販売が始まった01年シーズンの604億円(過去最高)に比べると、4分の1近くまで落ち込んだ」という記事がありました。

売れていないとは聞いていましたが、過去最高に比べて4分に1近くになっていたのですね。

かく言う私も、totoが始まってから2年間位は、ほぼ毎回購入していました。
買い損なったのは、おそらく2年間で2~3回程度だったと思います。

好きなサッカーの勝ち負けを予想して、その上当たればすごい金額ですから、最初はかなり入れ込みましたね。
毎週試合が近付いてくると、各チームのけが人は?、出場停止選手は?などのデータを、熱心に調べていました。

しかし、サッカーの予想は難しいですよね。
何が起こるかわからないのがサッカー。
まあ、それがサッカーのおもしろいところなのですが、絶対に負けるわけがない相手に負けたり、その逆だったりと、ほんと当たらなかったですね。

totoは13試合の結果をすべて当てるわけですから、当たる確率はなんと約160万分の1。
当たる方が奇跡といった確率です。
結局当たったのは、3等や配当金が非常に低い時の2等だけでした。

途中から穴狙いになり、自分で予想するのはまずは大丈夫だろうと思う1~2試合だけ。
残りの試合はコンピューターにランダムに投票させる方法になってしまいました。
この方法だと、当初の「サッカーの勝敗を予想する」楽しみがまったくないですよね。
そんなわけで、徐々にtotoを買わなくなり、現在はまったく買っていません。

この売上不振に対し、totoを運営する日本スポーツ振興センターは、当選確率が243通りとなる5試合まで対象試合数を減らすなど、当選確率が上がる新くじの導入を検討しているということです。
しかし、当選確率が上がるだけで、totoの売上は伸びるのでしょうか?

totoを販売している店まで行くこと、これがけっこう面倒です
コンビニで発売し始めたとはいえ、買えるところはそれほど多くありません。
せめてインターネットで購入できれば、いいのですが。

サッカーだけでなく、他のスポーツの振興のためにも、totoにはがんばってほしいと思います。
そのためにも、もっと買いやすい、より楽しめる方法を考えてください。
[PR]
by bcure | 2004-11-30 11:50 | サッカー
<< ポーラー・エキスプレス 柏か~! >>